運命の相手の見分け方と特徴!結婚相手は決まっているの?結婚するか占いもあり!

運命の相手 恋愛

運命の相手は決まっているの?

運命の相手

【運命の相手 決まっている】出会うべくして会っているのが運命の相手

「運命の相手と出会って幸せになりたい」「今の彼氏は運命の相手なの?」「運命の相手に本当なんて本当にいるの?」など、運命の相手については気になることばかりだと思います。

スピリチュアルの世界では、運命の相手には出会うべくして出会うことができるといわれています。つまり、自分から何かアクションを起こさなくても、運命の相手には会えるということです。

もし、そうだとしても、自分がその人を運命の相手だと気づかなかったらどうしよう、と思ってしまう方もいるかもしれません。運命の相手は、基本的には見逃すことはなく、自然と惹かれ合うとされていますが、この人が運命の相手だということを示すポイントもいくつかあります。

ここでは、運命の相手に出会ったときに起こることや、運命の相手とは何か、運命の相手の特徴などについて紹介していきます。

【運命の相手 決まっている】運命の相手と恋に落ちるのはツインレイだから

最近では、スピリチュアルの世界を中心として、運命の相手のことをツインレイと呼ぶことがあります。ソウルメイト(魂の伴侶)と並んでよく使われるツインレイという名前ですが、その語源は「twin=ふたごの」「ray=光」です。

その意味は「2つで一個1対の光」で、2つがそろってようやく1つの光になるというニュアンスがあります。日本語では、「魂の片割れ」と訳されることもあり、ソウルメイトという呼び名よりもさらに、つよい結びつきを表している名前です。

ツインレイという名前が象徴するように、ツインレイは唯一無二の存在で、多くの場合には異性であるともいわれます。ツインレイの2人が出会き、おたがいに惹かれあってすぐに恋愛関係になることは、スピリチュアル的には当然のなりゆきです。もともとが1つの光で、一緒にいる方が安定する関係がツインレイなのです。

【運命の相手 決まっている】運命の相手とは前世から縁がある

運命の相手、ツインレイ、ソウルメイトといった言葉を聞いても、これまでこのような話に縁がなかった人にはピンと来ないかもしれません。

自分の意志で行動し、自分が相手を選び、恋愛を進めるという考え方と、運命の相手であるツインレイと出会うという考え方は、次元が異なります。前者は現世だけに目を向けた考え方ですが、ツインレイがいるという考え方は現世だけでなく前世も含めた考え方です。

ツインレイを理解するには、スピリチュアルの世界では当たり前になっている前世のことを理解しておく必要があります。ツインレイは前世では1つの魂で、現世になって2つになってしまった魂のことを言います。ツインレイが再び前世で出会うことは「ツインレイの統合」と呼ばれます。

【運命の相手 決まっている】すでに運命の相手と出会っている可能性

運命の相手=ツインレイとは、基本的には努力をしなくても出会うべくして出会えるとされています。

しかし、中には、すでにツインレイと出会っているのに気がつくことができない場合もあります。意外にも、男女のツインレイの場合、男性よりも女性の方がツインレイの存在に気づかないことが多いとされています。

女性の方がスピリチュアルな世界には抵抗が少ないはずなのに、このような結果になるのはなぜでしょうか? これは、自然の摂理で、男性の方が運命の女性のために生きようとする気持ちが強い傾向にあり、女性は自分のために生きようとする傾向があるためと言われます。

また、たとえツインレイに出会っていても、自分自身が劣等感や恐怖心で苦しんでいると見逃してしまうこともあり得ます。あなたの性別が女性で、劣等感や恐怖心を強めに持っている場合にはツインレイの存在にに気がついていない可能性が高いといえるかもしれません。

【運命の相手 決まっている】運命の相手と出会えないこともある

出会うべくして出会えるはずの運命の相手=ツインレイと出会えない場合もあります。
「運命の相手と出会う」というといかにもロマンチックですが、そんな出会いに憧れる恋愛至上主義の考え方はツインレイとの出会いを遠ざけてしまいます。

運命の相手、という言葉の響きとは異なり、ツインレイと出会うのは単に恋愛のためではありません。ツインレイに出会うのは無条件の愛を学び、カップルで他の人たちまで光で灯すような仕事をするためなのです。

このような仕事をする人はスピリチュアル用語では「ライトワーカー」と呼ばれます。ヒーラーやチャネラーといった仕事に限らず、愛情をこめた仕事で人を喜ばせている人をライトワーカーといいます。

恋愛に憧れている時期にはなかなかツインレイと出会うことはできません。自分のやりたいことを見つけ、恋愛に頼らない生き方をしているときにこそ、ツインレイとの出会いが訪れるでしょう。

運命の相手の特徴について

運命の相手

【運命の相手 特徴】近い価値観を持っている

運命の相手=ツインレイは、もともとが1つの魂だったため、価値観も似ていることが多いはずです。具体的には、喜怒哀楽のポイントがよく似ているとされています。

たとえば、映画を見ていて同じところで泣いてしまったり、ちょっとしたことで2人で息ができないぐらい笑ってしまったり、ということがあれば、その人はあなたのツインレイかもしれません。

また、ツインレイは考え方も似ていることが多いのです。ツインレイの2人は会ってすぐ話が盛り上がり、話が尽きることもなく、意気投合することがあります。これは、ツインレイがもともと1つだったことを考えれば当然のことです。

ツインレイは、協力して仕事をし、ライトワーカーとして多くの人を救う役割があるため、価値観も似ているのです。

【運命の相手 特徴】好きなタイプじゃないのに惹かれる

運命の相手=ツインレイと出会ったときに「外見は好きなタイプではないのに惹かれる」ということがあります。タイプではないということは、少し残念な気もしますが、これこそがツインレイの特徴でもあります。

魂同士が結びついていたツインレイは、外見には左右されずに魂だけで惹かれ合うため、外見は好みではないということが起こり得るのです。

たとえ、外見が好みではなくても、ツインレイと出会うとどんなに外見が好みの人よりも惹かれてしまうものです。結果的には、外見がタイプではなかったことを上回るほど魂同士が結びつき、大きな安心感や充足感が得られますので、がっかりする必要はありません。

もし、運命の相手という言葉から、外見も好み通りの相手をイメージしている人がいたら、そこは違うこともあるので気をつけましょう。

【運命の相手 特徴】二人の未来をイメージできる

前述の通り、ツインレイは単に恋愛を楽しむためではなく、無性の愛を学び、他の人たちに光を与えるために出会います。ツインレイは単に刹那的な恋をして別れるということはほとんどなく、基本的には長い期間を一緒に過ごすために出会います。

そのため、初対面の時から初めて会ったような気がしなかったり、なぜか懐かしさを覚えることもあります。これまでは結婚願望がなかった人でも、ツインレイと出会うと周囲が驚くほど早く結婚をしてしまうこともあります。

これは、ツインレイの場合には、2人とも「未来をイメージできる」からです。もともとが1つの魂だったツインレイは、1人ずつバラバラでいる方が不自然で、2人でいることが自然なのです。

【運命の相手 特徴】自然体でいられる相手で安心感がある

ツインレイの特徴として、その人と一緒にいるときに自然体でいられて、安心感があることが挙げられます。

普段は人と会うと疲れてしまうような人でも、ツインレイの相手と会った後にはまったく疲れることがありません。それどころか、なぜか懐かしさを感じ、喜びや安心感を得られます。

また、無理に何かを話さなければと気を遣う必要もなく、黙っていてもおたがいに気になりません。何かを伝えたい場合にも、1を言えば10わかってもらえるような感覚があるはずです。

会っているときに心地よいのはもちろん、その後も何度もその人を思い出してしまったり、気がつかないうちに話題にしてしまったりします。当てはまるところがあったら、その相手はあなたのツインレイかもしれません。

【運命の相手 特徴】一緒にいて安心感を感じれる

ツインレイの相手とは一緒にいると、他の相手からは得られないような安心感を感じることができます。これは、前世では一つの魂だったツインレイが再び出会えたことを喜び、安心しているためです。

恋愛経験があって、安心できる相手とつきあったことがある人でも、ツインレイと出会うと、それまでに経験したことがない安心感を感じられるはずです。ツインレイとの間にある安心感は、時間が経っても、色褪せることがありません。

さらに、この人を失うかもしれないという不安感は、長い目で見ると、時間とともに薄れていきます。しかし、短期的に見れば、他の恋愛以上の試練をともなうことがあります。それを乗り越えた時に、安心感に包まれたツインレイとの統合を迎えることができるのです。

運命の相手の見分け方

運命の相手

【運命の相手 見分け方】共通点が多いか?

運命の相手=ツインレイとは、多くの共通点があります。ツインレイ同士は外見がよく似ているとも言われますが、あまり似ていないこともあります。外見が似ていない場合にも、目の形が似ていたり、雰囲気が似ていることがあります。

外見的なことではなく、内面に注目すると驚くほど共通点があるはずです。例えば、泣いたり笑ったりするタイミングが同じだったり、めずらしい変わった癖を共通して持っていたりします。また、相手が何も言わなくても何を考えているか手にとるようにわかってしまうこともあります。

育った環境が似ていることもよくあります。兄弟構成、親が共働きだったか、実家の場所などに不思議なほど共通点があることが多いようです。

関連ページ:【イククルの評判】マッチングアプリとweb版の口コミと評価

【運命の相手 見分け方】素直になれる相手か?

私たち人間は成長とともに、世間の常識に縛られ、自分の心からの願いは表現しなくなります。それは、社会生活を営む上では必要なことですが、そればかりでは、魂が喜びを感じなくなってしまいます。

そのため、魂は運命の相手=ツインレイと出会うことを欲しています。ツインレイにあったときのサインとして「なぜか素直になれる」ということがあります。

魂は、世間の常識などから離れて、素直になり喜びを感じるためにツインレイと出会いたがっているので、ツインレイに会えたときには、自然と素直になることができます。

劣等感や恐怖心があまりにも強い場合には、魂が素直になろうとしているのを妨げてしまうこともあります。ツインレイに出会えたときの心の動きをしっかりと感じるためにも、劣等感や恐怖心はできるだけ少なくさせておくことが大切です。

【運命の相手 見分け方】相手の欠点も許せるか?

恋愛において、別れの理由になるのは、相手の欠点を許せないことではないでしょうか?

ツインレイに出会うと、なぜかこれまでは許せなかった欠点が許せるようになることがあります。これは、ツインレイから得られる安心感は何ものにも代えがたく、小さな欠点を大きく上回っているからです。

まるで、自分自身が寛容になったような不思議な感覚があるかもしれませんが、自分の意志とは異なる魂がそうさせてくれているのです。

反対に考えると、小さな欠点がどうしても気になってしまう相手はツインレイではないのかもしれません。ただし、現世のしがらみにまみれてしまって、魂の状態があまりよくないときには、ツインレイの相手であるにもかかわらず、細かいことを気にしてしまうことがあります。

【運命の相手 見分け方】初対面の時に「懐かしい」感じがしたか?

ツインレイの相手に出会うと、初めて会ったにもかかわらず、「懐かしい」と感じます。

これは言うまでもなく、前世では1つの魂だったためです。現世に来るときに記憶はなくなっていますが、魂レベルでは懐かしいどころではなく、狂喜乱舞しているような状態ですが、実際には「懐かしい」という感情が生まれるのです。

この「懐かしさ」は気のせいではありません。現世だけの考え方をしていると、せっかく「懐かしい」と感じても、そんなわけはないと打ち消してしまうことがあります。「懐かしさ」はツインレイのサインと覚えておきましょう。

注意点としては、懐かしい感覚には思い込みもあるという点です。これまでに見てきた顔データが蓄積されて、初めて会った人に懐かしさのような感覚を覚えることもあります。ツインレイかどうかを見分けるときには、他のサインとも合わせて見極めましょう。

【運命の相手 見分け方】容姿は好きじゃないけど惹かれる?

ツインレイのことを少し知っている人は「容姿は好きじゃないけど惹かれる=ツインレイ」と思っている場合があるようです。

正確にいうと、容姿は好みではないこともあれば、容姿までバッチリ好みのこともあります。ツインレイは、魂で結びついているため、容姿は関係がないというのが本当のところです。

「容姿が好きじゃないけど惹かれる」の中の「惹かれる」の部分の方が大切です。その人にどんなふうに惹かれたのかに注目して、これまでとはちがった感じや安心感があったら、その人はツインレイかもしれません。

もし、恋愛する相手の外見にこだわりのある人がなぜか外見が好みでない人に惹かれた場合には、たしかにツインレイである可能性は高いかもしれません。ただし、外見の好みがドンピシャのツインレイもいることを覚えておきましょう。

関連ページ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面は?

【運命の相手 見分け方】偶然に出会うことが多いか?

運命の相手=ツインレイとは「出会うべくして出会う」と言われます。その出会い方は様々ですが、2つの共通点が見られることが多いのです。

1つ目は「ある日突然出会う」こと。
ツインレイに出会った人の多くはその出会いを「ある日突然出会った」と表現することがあります。
これは、ツインレイと出会ったときの印象があまりに鮮烈なために、ごく普通の出会いであっても「ある日突然出会った」と感じるためです。ツインレイを感じる魂の力が弱まっているときには、すでに出会っているのに気がついていないことも考えられます。

2つ目は「男性が女性を見つける」ことです。なぜ、ツインレイの男性側が女性を見つけることが多いかというと、男性の方がツインレイの女性と一緒に生きていきたいという思いが強いためです。女性は、ツインレイと会わなくても自分の人生を歩める傾向があるため、男性のにアプローチされたことにより、ツインレイと出会えるパターンもよくあります。恋愛の相手は自分から探すタイプの女性も、男性からの誘いを待ってみるとツインレイとの出会いが近づくかもしれません。

運命の相手が「結婚相手」になるの?

運命の相手

【運命の相手 結婚相手】結婚相手は運命で決まっているの?

結婚相手が、運命で決まっているかどうかは、一概には言えません。これは結婚相手を選ぶ本人が自分の魂の声を聞いている場合とそうでない場合があるからです。

そろそろ結婚しなければいけない年齢だから、親が納得する相手だから、といった条件から選んだ結婚相手は、必ずしも運命の相手とは言えません。ただ、いくつかの条件のもとに結婚相手を選んだ場合も、魂レベルで自分が喜びを感じる相手だった場合には、運命の相手とはいえます。

結婚相手は、運命で決まっているわけではなく、時と場合によって、運命の相手ではない人と結婚するケースは多くあります。

一方で、運命の相手とは結婚をする人もたくさんいるのです。運命の相手=ツインレイとはたましい同士が惹かれ合います。運命の相手と結婚したいのなら、条件だけでなく、魂の声に耳を傾けるようにしましょう。

【運命の相手 結婚相手】運命の相手が「結婚相手」ではない時のサイン

運命の相手が結婚相手ではないときは、結婚の年数が経過しても、安心感を得られず、相手への不信感が出てくることがあります。たとえ、相手の外見や社会的な立場、性格などが自分の考える条件にぴったりだったとしても、どうしで拭えない違和感が出てきてしまいます。

これは、魂レベルでは求め合っていない相手と結婚してしまったサインです。必ずしも、運命の相手と結婚しなくてはいけないという決まりはありません。相手の良いところに納得していて、家庭生活を問題なく送ることができれば、結婚を続けることはまちがいではありません。

ただし、自分もしくは相手がいずれは運命の相手に出会う可能性もあることを覚悟しておく必要があるでしょう。

【運命の相手 結婚相手】運命の相手が「結婚相手」である時のサイン

運命の相手が結婚相手であるときには、結婚の年数が増すごとに安心感や絆が強くなり、相手を失うかもしれないという不安感が薄れていきます。相手の目を見るだけで、多くを語る必要がなく、おたがいを見つめる瞳もキラキラと輝いてしまうような関係が、運命の相手であるサインです。

たとえ、運命の相手であっても、一時的に、心が離れてしまうことはあり得ます。実は、運命の相手だからこそ「一度離れる」という法則があるのです。すでに結婚している場合には、ケンカが多くなったり、倦怠期という形で、この法則が現れるかもしれません。

なぜ、せっかく運命の相手に出会ったのに「一度離れる」ことになるかというと、相手の大切さを再確認するためと言われています。試練を乗り越えてこそ、真の運命の相手になれるのです。

【運命の相手 結婚相手】結婚相手となる「運命に相手」を引き寄せる方法

運命の相手には努力しなくても会うべくして会えるという説がある一方で、会うためには魂レベルを上げる努力が必要という説もあります。

実際には、何も努力をしなくても会えるケースが多いのですが、あまりにも魂の準備が整っていない場合にはある程改善しておく必要はあるでしょう。これは、何か苦しい思いをするというよりはその逆で、ありのままの自分に近い状態になっておくということです。

例えば、もともとは楽しいことが好きな人が、堅苦しさをまとっていたら、ツインレイと出会っても気がつかないことも考えられます。また、自分への劣等感や他人への恐怖心が強いと、ツインレイと出会ったときの安心感を感じにくくなってしまいます。できるだけ、本来の自分に近い姿で生活するように心がけましょう。

【運命の相手 結婚相手】運命の相手が結婚相手ではないこともあるの?

運命の相手が結婚相手ではないことはあります。これは、魂が運命の相手=ツインレイと出会う前に、現世の自分が結婚相手を選んでしまうためです。

たとえ、スピリチュアルの世界に疎い人でも、「なんとなく嫌だ」「本当にこの相手でいいのか」という感覚は必ずあるはずです。もし、この相手は運命の相手ではないと感じたら、結婚を踏みとどまることも大切なことです。

ただ、ツインレイでなくても、同じ目的のもと助け合える相手であれば、結婚を続けることは決してまちがいではありません。

その場合には、40代以上の成熟した年齢で、運命の相手=ツインレイに出会うこともあります。熟年離婚やシニア層の再婚もめずらしくなくなっているのは、ツインレイとの出会いがあったからかもしれません。

運命の相手と結婚しなかった場合には、自分はもちろん相手もこれから運命の相手に会うことがあると思っておいた方がいいかもしれません。

運命の相手は占いで分かるの?

運命の相手

【運命の相手 占い】運命の相手を占いで診てもらう

運命の相手=ツインレイを占いで見てもらうことは、有効な方法と言えます。ツインレイには、知っておけば誰でもわかるサイン以外にも、占いの世界でしかわからないさまざまなサインがあるためです。

この人がツインレイが確認したいというときには、専門的な知識を持つ占いの先生に相談してみると良いでしょう。占いの先生によって得意ジャンルは異なりますので、ツインレイ、ソウルメイト、ツインソウルといったメニューを掲げていて、実績のある占い師を選びましょう。

占いのサイトには口コミが載っていることもあるので、参考にして選ぶのがコツです。選んだ占いによっては、ツインレイの示す特徴がたまたま現れていないジャンルであることも考えられます。占いだけでく自分の感覚も大切にしましょう。

【運命の相手 占い】霊視占い

霊視占いは、前世や来世を見るものです。そのため、前世でつながっているツインレイかどうかを判断するには最適な占いと言えるでしょう。

考えたくありませんが、出鱈目をいう占い師も存在します。霊視占いをするなら、当たらなければ意味がありません。霊感がある人は直感的に当たる占い師を見分けられるかもしれませんが、そうでない場合には口コミが頼りになります。

占い歴と当たる確率は関係ありませんが、ツインレイを見てもらうなら、5年以上の実績がある占い師の方がよいはずです。ツインレイに出会えた人はその感動で、感謝の口コミをすることが多いようです。ツインレイかどうかを占ってもらった結果、数年後にどうなったのか口コミをよく調べてみてください。

【運命の相手 占い】タロット占い

タロット占いは一般的によく当たると言われる占いです。タロット占いは、占われる人が自分で選んだタロットカードから占われるものです。そのため、タロット占いは、占い師の実力に左右されるというよりも、自分自身の潜在意識が表に出てくるタイプの占いです。

タロット占いをするときには、同じ質問を何度も占ってもらうのはタブーです。たとえ、自分の望まない結果が出ても、タロット占いではそうなのだと割り切るようにしましょう。

もし、タロット占いで相手がツインレイではないという結果が出て、自分でもなんとなく納得できてしまう場合には、その結果を受け入れるしかありません。ツインレイだといいなと思った相手よりもさらに良い相手がいるはずなので悲観しないで、本当のツインレイとの出会いを待ちましょう。

【運命の相手 占い】四柱推命(しちゅうすいめい)占い

四柱推命占いは、古代の中国から伝わる占いで、怖いほど当たるとも言われます。四柱推命占いは、生年月日から占い、統計をもとに結果を導き出します。そのため、よく当たると言われるのです。

ツインレイは、占い師でない人が見ても、誕生日の数字に共通点が現れる場合があります。四柱推命占いでは、すぐわかる数字には現れていない生年月日から割り出される共通点や相性を占うことができるのです。

四柱推命占いは、占いの中ではメジャーなジャンルですが、ツインレイかどうかを知りたい場合には、ツインレイを得意とする占い師を選ぶと良いでしょう。もし、相手がツインレイの場合には、四柱推命占いでも、それを示す結果が出る可能性は高いはずです。

【運命の相手】まとめ

運命の相手=ツインレイについて、その特徴や見分けるサインをご紹介しました。

ツインレイに出会うことにより人生が一変するとも言われます。ツインレイと出会うと大きな安心感に包まれ、無償の愛を学ぶことができ、他の人たちのために働くことができるとされます。ツインレイについて知っておくことは、いずれ訪れるツインレイとの出会いを見逃さないためにも大切です。

基本的にツインレイとは出会うべくして出会うと言われますが、出会いを逃さないためには、見分けるサインや占いも上手に利用してみてくださいね。

また、すでに出会っているのに、この人がツインレイかどうかわからない場合には、素直な気持ちで、見極めるサインをチェックしてみてください。

関連ページ:【ペアーズの口コミ】マッチングアプリのpairsの出会いの評判

タイトルとURLをコピーしました