付き合う前に見極めるべき男性と女性の相性とチェックの方法!

付き合う前 見極め 恋愛

【付き合う前 見極め】「彼氏にするべき男性」と「避けるべき男性」の特徴

付き合う前 見極め

【付き合う前 見極め 男性】彼氏にするべき男性の特徴1:嘘をつかない

【彼氏にするべき男性の特徴】として、最も大切なことは「嘘をつかないこと」です。

人生で一度も嘘をついたことがない人はいないかもしれませんが、しょっちゅう嘘をつくような人は問題です。普段から嘘をつくことをなんとも思わないような人は、彼氏になってからも、嘘をつきます。浮気をしても平気で嘘をついてごまかしたり、嘘を重ねてお金を借りることもあるかもしれません。

「この人いいな」と思っているときには、小さな嘘ぐらいは何でもないことに思えて、甘くとらえてしまうかもしれません。でも、付き合う前こそ、冷静に本当に彼氏にするべき男性かどうか見極めなければなりません。

付き合う前から嘘をつくような人は、付き合ってからも、まちがいなく嘘をつきます。厳しい目で判断して、「嘘をつかない男性」を選ぶようにしましょう。

【付き合う前 見極め 男性】彼氏にするべき男性の特徴2:約束を守る

「約束を守る」ことも忘れてはいけない【彼氏にするべき男性の特徴】です。

仕事や家族の事情など、やむを得ない理由のため、約束が守れないこともありますが、一度ではなく何度も約束が果たされないようなら、その男性側の問題だと考えた方がいいでしょう。

そのような男性と付き合ったら、もっと約束を守ってもらえなくなるはずです。約束を守らない彼氏を持つと、その度に心配したり、怒ったり、ケンカをしたり、付き合う楽しみを味わえません。約束を守らない以外は魅力的なんだけど…という場合にも、付き合ったら直るとは考えない方が良いです。

それでは、約束を守らない自分を好きになってくれた、という勘違いをさせてしまいます。「約束を守るようになったら、付き合ってあげる」というぐらいの強気な姿勢が大切です。はじめから約束を守ることができる男性と付き合えば、心を乱されることなく、お互いに成長できるような付き合い方ができるでしょう、

【付き合う前 見極め 男性】彼氏にするべき男性の特徴3:責任感が強い

【彼氏にするべき男性の特徴】として「責任感が強い」ことも重要なポイントです。「責任感が強い」性質は、前述の2つの性質よりは、人として持っていなければいけないようなものではなく、好みがわかれる点かもしれません。もしかしたら、人に頼ったり甘えてくるような男性が好きな人もいることでしょう。

それでも、彼氏にするべきなのは「責任感が強い」男性です。男女の付き合いでは、どうしても女性の方が不利なことがあります。それは、女性だけが妊娠をする身体を持っているがある点です。責任感がない男性は、女性の身体よりも自分の欲望を優先させてしまうこともあり得ます。

「責任感が強い」といっても、過剰な男性らしさや大金を稼ぐ経済力はなくてもかまいません。それよりも、日頃の生活の中で、自分のやるべきことをきっちりやる人がどうかを見極めてください。

【ワクワクメールの口コミ】マッチングアプリは出会い系と出会いサイトはワクメ

【付き合う前 見極め 男性】避けるべき男性の特徴1:酒癖が悪い

お酒=悪いものとは言い切れませんが「酒癖が悪い」男性は避けるべきです。

付き合う前から酒癖が悪い姿をあなたに見せていたり、酒癖が悪いことが周囲に知られているような人は、安易に付き合えば大変なことになるのは目に見えています。改心して、お酒をやめたり大幅に減らす人もいますが、どちらかといえば、お酒が好きな人はやめることなくずっとお酒を飲んでしまうことが多いのです。

お酒が入ると女性に暴力を振るってしまうDVもめずらしいことではありません。そのようなことがなくても、飲み過ぎれば病気の原因になります。

自分もお酒が好きな場合や、お酒のことをあまり知らない場合は、酒癖が悪いことを大目にみてしまうかもしれません。でも、すでにお酒を飲むだけでなく、酒癖が “悪い” のですから、見過ごすわけにはいきません。あなた自身のために、酒癖が悪い男性は避けましょう。

【付き合う前 見極め 男性】避けるべき男性の特徴2:時間にルーズ

「時間にルーズ」な男性も、避けるべきです。人によっては「そこまでいけないこと?」と思えるかもしれませんが、付き合う前から時間にルーズな人は、やはり問題です。付き合ったら、もっと時間を守らなくなることは容易に想像がつきます。スマホで連絡を取り合える今の時代は、プライベートでは時間に遅れてもあまり問題になりません。

それでも、仕事の上では時間厳守が当たり前です。時間にルーズな男性は、仕事でも信頼されにくく、評価が低くなってしまう可能性があります。中には、仕事ではしっかりと時間を守り、女性に対してだけ時間にルーズな男性もいるかもしれませんが、それはそれで問題です。
「時間にルーズな男性は避けるべき」と覚えておいてください。

【付き合う前 見極め 男性】避けるべき男性の特徴3:金銭感覚が違い過ぎる

金銭感覚が自分と大きく異なる男性も、避けるべきです。お金の遣い方が派手すぎれば、その遣い方ができなくなったときに借金をしてしまう怖れもあります。反対に必要以上に節約をするタイプも、息が詰まるようで楽しめないことがあります。浪費タイプも節約タイプも、それがダメというわけでなく、自分の金銭感覚とぴったりならそれもアリです。

ただ、あなたの金銭感覚と大きく違っている場合は、問題です。あなたが将来のためにお金を貯めたいのに、デートで旅行や高級な食事ばかりを選ぶ男性で、しかも割り勘だったら、うまくいくわけがありません。反対に、たまには贅沢をしたい人にとって、いつも節約デートをしたがる男性は合わないでしょう。

【付き合う前 見極め】「彼女にしたい女性」と「めんどくさい女性」の特徴

付き合う前 見極め

【付き合う前 見極め 女性】彼女にしたい女性の特徴1:常識がある(失礼な言動をしない)

男性が【彼女にしたい女性の特徴】として「常識がある」ことがまず挙げられます。常識があるとは、もっと具体的に言うと、周りの人に対して「失礼な言動をしない」ということです。彼氏にしたいと思える素敵な男性ほど、この点を重視します。

例えば、その男性の友達やお店の店員さん、通りすがりの人に対して、相手がその場にいない時でも失礼なことを言うのはタブーです。常識を大切にするタイプの人は、一度でも自分にとってあり得ない言動を目にすると、スッと気持ちが冷めてしまうことがあります。

このぐらいは許されるかな、面白いかな、と思って、人に対して失礼なことを言ってしまうと取り返しのつかないことがあります。彼女に選んでもらうには「常識がある」女性を目指しましょう。

【付き合う前 見極め 女性】彼女にしたい女性の特徴2:気遣いと思いやりがある

男性が【彼女にしたい女性の特徴】には「気遣いと思いやりがある」ことがあります。これは、男女で考え方がわかれる性質かもしれません。女性は、女性グループの中で「あざとい」とか「媚びている」と言われたくなくて、相手を気遣う言葉や思いやりをあまり出さないでいることがあります。

でも、男性はわかりやすい気遣いや思いやりに感動し、「彼女にしたい」と思うことがあるのです。もし、あなたが周りの人への気遣いをあえて出し惜しみしているなら、もったいないことです。

女性グループにどう思われても、素直に思いやりの気持ちを表現していれば、きっと「彼女にしたい」と思ってくれる男性が現れるはずです。「あざとい」と言われそうで心配かもしれませんが、そんなことを言ってくる人にも気遣いと思いやりの態度で接していれば、きっと大丈夫なはずです。

【付き合う前 見極め 女性】彼女にしたい女性の特徴3:ちゃんと仕事をしている

【彼女にしたい女性の特徴】として「ちゃんと仕事をしている」ことも大切です。今の時代、多くの男性は自分一人で家族を養ったり、家を建てたりできるのかわからないという不安に押しつぶされそうな気持ちになっているはずです。

今の男性たちは、父親の世代では時代の追い風もありできていたことが、自分たちの世代では難しくなっているのです。このことを頭では理解していても、心には焦りや無力感が生まれていることもあります。

付き合う女性がちゃんと仕事をしている人なら、生活面での不安が減り、安心感が生まれます。そこまで意識はしていない場合も、本能的に「ちゃんと仕事をしている」女性の方が魅力的に思えて「彼女にしたい」と感じる男性が多いはずです。

【付き合う前 見極め 女性】めんどくさい女性の特徴1:連絡がマメじゃないと怒ってくる

男性に対して「連絡がマメじゃない」ことを怒ったことはありませんか?

「連絡がマメじゃないと怒ってくる」女性は、男性からは「めんどくさい」と思われてしまいます。女性からすると、ずっと連絡がないなんて怒って当然のことだと思えますが、怒ってしまうと男性には「めんどくさい」としか思ってもらえません。

女性はいつまでも男性に大切に扱ってほしいものですが、男性は信頼関係があれば、連絡なんてしなくていいと考える人が多いのです。連絡が少ないな、と感じても「信頼されているんだ」ととらえるようにして、少なくともすぐには怒らない方が良いでしょう。

どうしても、もう少しマメに連絡がほしいと思うときには、怒らずにお願いしてみるようにしましょう。

【付き合う前 見極め 女性】めんどくさい女性の特徴2:愚痴や言い訳が多い

愚痴や言い訳は、聞いていてとても嫌なものです。男性の前でうっかり口にしていると「めんどくさい」と思われてしまいます。わかっているつもりでも、気心が知れた男性の前ではつい愚痴や言い訳を言ってしまう人もいるかもしれません。

男性はそれを「嫌だな」と感じていても、すぐには言うことはあまりありません。女性の愚痴や言い訳に対し、我慢ができない、もう好きではない、という気持ちになってから、はじめて言う人が多いようです。

たとえ男性が、黙って聞いてくれていても、愚痴や言い訳を言うことはできるだけ控えましょう。つい言ってしまった時や我慢できずに言ってしまった場合は、短く切り上げて「聞いてくれてありがとう」と必ず言うようにしましょう。

【付き合う前 見極め 女性】めんどくさい女性の特徴3:全てが当たり前!(感謝をしない)

女性の中には、男性に何でもやってもらうことを当たり前だと思っている人がいます。男性は女性に嫌われたくなくて我慢してしまうこともありますが、心の中では「めんどくさい」と思っているものです。

これまでの交際で、いつも男性を振り回してきたような人は、気がつくチャンスがなかったかもしれませんが、やってもらって当たり前という態度は、改めた方が良いでしょう。
それよりも、何かをしてもらったら「ありがとう」と言える女性や、自分もお返しができる女性の方が魅力的です。

やってもらって当たり前、という態度の裏には、こうしていないと男性から舐められてしまうという男性不信があるのかもしれません。でも、まともな男性なら、お礼を伝えた方が好印象を持ってくれるはずです。

【付き合う前 見極め】相性がいい人の特徴5選

付き合う前 見極め

【付き合う前 見極め 相性】考え方や金銭感覚が近い

「考え方や金銭感覚が近い」ことは、相性がいい人の特徴です。

カップルがもめてしまう原因は、元を正せば、たいてい考え方や金銭感覚の違いによるものです。
考え方や金銭感覚が似通っていれば、ケンカも起こりにくく、穏やかなお付き合いができます。たくさんいる人の中で、わざわざ相性がよくない人と付き合う必要はありません。

考え方や金銭感覚について、我慢をしないありのままの自分の姿を見せて、好きになってくれる人が相性の良い人なのです。誰でも相手によく思われようと合わせてしまうことはありますが、付き合う前こそ「いつもの自分」でいることが、考え方や金銭感覚の合う相手を見つける近道です。

【付き合う前 見極め 相性】性格が似ている

相性がいい人は「性格が似ている」人です。人によっては、性格が似ている人には刺激を感じにくく、好きになりにくいかもしれません。それでも、長く付き合うには、あまり正反対の性格の人よりも似た部分がある人の方が向いています。次こそ相性の良い男性と付き合いたいなら、性格が似ているかどうかをチェックしてみましょう。

人から「似ているね」と言われたり、好きなものが共通していることが性格の似ている人のサインです。これまで恋愛対象としては見ていなかった趣味の友達や飲み仲間の中にも、あなたと性格が似ている男性がいるかもしれません。

性格が似ている人となら、相手に合わせることなく自分らしく、過ごすことができるはずです。いつも自分にはない魅力を男性に求めてしまう人も、「性格が似ているかどうか」を見極めると、これまでと違った恋愛ができるのではないでしょうか?

【ペアーズの口コミ】マッチングアプリのpairsの出会いの評判

 

【PCMAXの体験談】マッチングアプリは出会える?出会いの体験

【付き合う前 見極め 相性】車を運転しても性格が変わらない

付き合う相手との相性を見極めるときには「車を運転しても性格が変わらない」こともポイントになります。なぜなら、せっかく相性が合う相手を選んだと思っても、運転中に性格が変わったようになる人は、本当の性格を隠していることがあるからです。

注意しなければならないことが多い車の運転では、余裕がなくなり、普段は自分をよく見せようとしている人もそれができなくなります。車の運転では、他の車を追い越したいといった攻撃的な面も表に出やすくなります。また、渋滞のときにイライラしたり、別の一面が表れやすくなります。

この人とは相性がぴったりだと思えても、できれば運転中の姿を確認してみると、本当の性格や普段は隠している部分が見えてくるかもしれません。

【付き合う前 見極め 相性】沈黙が気にならない

相性が良いかどうか見極めるには「沈黙が気にならないかどうか」をチェックしてみましょう。気を遣いながら話をして盛り上がる相手よりも、沈黙が気にならない相手との方がずっと楽に付き合えます。

付き合う前は、お互いにこの人を楽しませようと思うものですが、付き合うとなるといつも盛り上げるわけにはいきません。付き合ってからガッカリしないためには、黙っていることが心地よいと思えるような相手を探すのがコツです。

そんな相手となら、疲れているときや悩みがあるときでも、負担に感じることなく会うことができます。相手に気を遣わなければいけないような交際を避けるために「沈黙が気にならない」こともぜひ確認しておきましょう。

【付き合う前 見極め 相性】何でも本音が言える

付き合う前に、お互いのことを何もかも確認しておくことはどんなにがんばっても無理なことです。それでも「何でも本音が言える」かどうかはチェックできるのではないでしょうか?

「何でも本音が言える」相手を選べば、付き合ってから感じる相手への疑問や確認しておきたいことも、すぐに聞くことができます。付き合ってから「おかしいな」とか「不安だな」と感じることを話せない相手とは、結局別れてしまいやすくなります。

どんなことでも本音で話すことができれば、たとえ合わない部分が出てきても、話し合って解決していったり、2人にとってちょうど良いルールを決めることができます。付き合っていくうちに、だんだんと本音が言えるようになることもありますが、はじめから何でも本音が言える相手を選べば、交際スタート時から安心して付き合うことができるでしょう。

【付き合う前 見極め 相性】一緒にいると穏やかな気持ちになる

付き合う前は、この人と付き合いたいという気持ちでいっぱいかもしれませんが、相性のいい人と付き合うには、その人と一緒にいてあなたがどんな気持ちになるかが重要です。どんなに好きでも、気持ちがザワザワして落ち着かないような相手とは、相性がいいとは言えないのです。

相性がいい相手は「一緒にいると穏やかな気持ちになる」人です。恋愛にドキドキ感を求める人には、少し物足りないかもしれませんが、刺激的ではなく、ゆったりと落ち着いた気持ちになるような人が相性のいい人です。

「一緒にいると穏やかな気持ちになる人」と付き合うと、安心感に包まれながら、信頼関係を築くことができます。恋愛に悩まされることもなく、恋愛によって心が安定するようなお付き合いができるでしょう。

関連ページ⇒運命の相手の見分け方と特徴!結婚相手は決まっているの?結婚するか占いもあり!

【付き合う前 見極め】チェックするべきポイント

付き合う前 見極め

【付き合う前 見極め チェック】小さな約束でも守るか?

付き合う前にチェックするべきポイントとして「小さな約束でも守ってくれるか」があります。付き合う前に小さな約束を守れない人は、付き合うと大きな約束でも守らなくなる可能性があるためです。

付き合う前だし小さな約束だからいいか、と相手によく思われたい気持ちもはたらいて、許ししてしまうかもしれませんが、その油断は禁物です。付き合う前こそ、相手に気に入られることなどは考えず、厳しい目でチェックしましょう。

約束を守るタイプの人は、どんな小さな約束でも守ります。約束を守れる人は、単に約束だけを守るのではなく、考え方全般や女性への態度、仕事に対する姿勢も誠実です。反対に、約束を守らない人は誠実とは言えません。
付き合ってから「あんなに約束したのに守ってくれない」と悩まなくてすむように、付き合う前こそしっかりと相手を見極めましょう。

【付き合う前 見極め チェック】相手の嫌な面にストレスを感じないか?

どんな人にも必ず “嫌な面” はあります。「相手の嫌な面にストレスを感じないか?」が相性のいい相手を見極めるポイントです。

もともとの知り合いの場合には “嫌な面” を知っているかもしれませんが、付き合う前にはなかなか “嫌な面” がわかりにくいかもしれません。その場合には、相手の知り合いに聞いてみたり、紹介者がいる場合にはその人に聞いてみましょう。直接 “嫌な面” を見ることはできなくても、聞いた内容が自分に許せるかどうか厳しくチェックしてみてください。

先ほども触れましたが、車の運転中には、“嫌な面” が出やすくなるので、ドライブに誘ってみるのもおすすめです。もし、いつもとちがう “嫌な面” を見ても、許容範囲でストレスを感じることがなければ、その人との相性がいいといえそうです。

【付き合う前 見極め チェック】別れ際に寂しさを感じるか?

付き合う前に見極めたいポイントとして「別れ際に寂しさを感じるか?」があります。会っているときにどんなに楽しく過ごせても、別れ際に寂しさを感じない人は相性がいいとは言えません。

寂しくないということは「その人と一緒にいなくても平気」ということです。「この人は何も問題がないな」「付き合ったらきっと優しくしてもらえそうだな」と頭では考えても、心はそんなにその人を求めていないのです。

相性がいい人の場合は、別れ際に「もっと一緒にいたい」「寂しい」と感じるものです。特に相性がいい場合は、一人でいる方が不自然で相手と一緒にいる方が自然に感じます。別れ際にぜんぜん寂しく感じない人とは、無理に付き合ってもうまくいかない可能性が高いのです。

【付き合う前 見極め チェック】「価値観が合う」と感じるか?

相性がいい人は「価値観が合う」人です。価値観といっても多岐にわたりますが、必ず確認しておきたいのは、金銭感覚です。付き合う前は、そんなに金銭感覚を知る機会はありませんので、一回の飲み会にかけるお金や月にどのぐらい趣味にかけるお金について質問してみましょう。

金銭感覚以外では、時間を守るかどうかや人への態度も大切なポイントです。付き合う前の待ち合わせや食事では、ただ楽しく過ごすのではなく、相手が時間にルーズではないか、店員さんなど自分以外の人への接し方はどうか、よく見てみてください。

金銭感覚、時間を守るか、人への態度がどうかは、なかなか後から変えることはできません。自分にとって、価値観が合うと思える人かどうかを見極めましょう。

【付き合う前 見極め チェック】男女の関係をイメージできるか?

相性がいい人を見極めるためには「男女の関係をイメージできるか?」という点も忘れてはいけないチェックポイントです。

どんなにいい人で、優しくしてもらえて、交際相手として条件がピッタリでも、男女の関係がまったくイメージできない相手とはなかなかうまく付き合えません。最初に男女の関係をイメージできない場合、時間をかけたからといって変わることはほとんどありません。

違和感に気づかないフリをして付き合い始めても、セックスレスの仮面カップルのような状態になってしまったり、男女の関係を断り続けて相手を傷つけることにもなりかねません。どんなに彼氏がほしいと思っても、男女の関係をイメージできない人と付き合うのはやめておきましょう。

【付き合う前 見極め チェック】付き合った途端に態度が変わる男性とは別れるべき!

ここまで「付き合う前」のチェックポイントを紹介しましたが、付き合い始めた時にもぜひチェックしなければならない注意点があります。それは「付き合った途端に態度が変わる男性とは別れるべき!」ということです。

あまり考えたくないことですが、付き合うことになった途端に、態度が変わってしまう男性もいるのです。急に横柄になったり、あなたをバカにするような態度をとってきたら、絶対に別れるべきです。

多くの場合、女性は「付き合ったばかりだし、自分の考え過ぎかもしれない」と違和感を無視して付き合い続けてしまいます。何も言わずに付き合っていくことは、相手からすれば「これでいいんだ」という勘違いの元になります。おそらく、ますますあなたへの態度は悪くなっていくことでしょう。時間を無駄にしないためにも、迷うことなく別れを決断してください。

【付き合う前 見極め】幸せな恋愛が「できる彼氏」と「できない彼氏」

付き合う前 見極め

【付き合う前 見極め 幸せ】幸せな恋愛ができる彼氏の特徴1:対等な関係性でいられる

幸せな恋愛ができる彼氏は「対等な関係でいられる人」です。そんなことは当たり前と思うかもしれませんが、恋愛関係になると対等な関係ではなくなってしまうカップルはめずらしくありません。多くの場合は、男性が上の立場になり、ひどい時にはモラハラやDVにつながります。

女性が上の立場になることももちろんあります。対等ではない関係では、一方が深く傷つき、上の立場になった人も人間性を高めることができません。お互いにとって、幸せな恋愛とはほど遠いものになってしまいます。

付き合いたいからといって下手に出て、いつも自分から相手を誘ったり相手の趣味に合わせ過ぎることはやめましょう。言うまでもないことですが「彼女がいてもいいから付き合ってほしい」などと言うことは言語道断です。恋愛をするなら、対等でいられる相手と幸せを噛みしめられる恋愛をして下さい。

【付き合う前 見極め 幸せ】幸せな恋愛ができる彼氏の特徴2:応援してくれる

幸せをな恋愛ができる彼氏はあなたの「応援をしてくれる」人です。

仕事の相談やこれから挑戦したいことについて話した時に、ダメ出しや批判ばかりしてくる人とは幸せな恋愛はできません。たとえ指摘された内容が合っていたとしても、あなたの心が感じる「嫌だな」「どうしてそんなことを言われないといけないの」という気持ちを優先してください。

幸せな恋愛ができる彼氏は、あなたに対してアドバイスがある時にも、聞いたあなたが嫌にならないような言い方をしてくれるはずです。そして、必ず応援もしてくれるはずです。もし、そんな人には会ったことがないという場合もあきらめてはいけません。必ずいるはずのあなたを励まし、応援してくれる彼氏を選んで、幸せな恋愛をしてください。

【付き合う前 見極め 幸せ】幸せな恋愛ができる彼氏の特徴3:本音をさらけ出してくれる

相性がいい相手は自分が「何でも本音を言える人」だと前述しましたが、幸せな恋愛ができる彼氏の特徴としても「本音をさらけ出してくれる」という点が挙げられます。

お互いに本音を言い合えることが大切なのです。本音を言ったり言われたりする関係に慣れていない場合は、戸惑ってしまうことがあるかもしれません。それでも、彼氏の本音を聞いて自分もそれに対して意見を言うことで、2人の関係は深まり、人間的にも成長することができます。彼氏の本音は時には聞きたくないこともあるかもしれませんが、

【付き合う前 見極め 幸せ】幸せな恋愛ができない彼氏の特徴1:尊敬できるところがない

尊敬できるところがない人とは幸せな恋愛ができるわけがありません。あなたと家族や友人を思い浮かべれば、きっとどんな人にも尊敬できる点があるはずです。必ずあるはずの尊敬できるところが見つからないような人とわざわざお付き合いをする必要はないのです。

尊敬できるところがないような人と、一時的にでも恋愛しようと思ってしまったのなら、あなたは「幸せな恋愛をする」ことではなく、単に「彼氏がほしい」のではないでしょうか?

今の時代は、多様性の時代ともいわれ、彼氏がいないことは少しも問題になりません。尊敬できないような人と付き合う暇があったら、誰とも付き合わずに自分の好きなことをしたり、新しいことに挑戦してみる方がずっといいはずです。

【付き合う前 見極め 幸せ】幸せな恋愛ができない彼氏の特徴2:趣味がギャンブル

ギャンブルが趣味の男性とは、幸せな連敗ができません。上手にギャンブルをすることはほとんど不可能に近いものです。ギャンブルが趣味の人は、たいていあり得ないほどの大金をギャンブルにつぎ込んでしまいます。

他のところはすべて好きだから、とギャンブルのことは黙認して付き合っても、ギャンブルは必ずトラブルの元になります。「ギャンブルをやめてほしい」とどんなに頼んでも、ハマってしまっている人はやめることができません。ギャンブルでたくさんお金を遣ってしまうことや、やめる約束をしたギャンブルをやめないことはケンカの種になってしまいます。

恋愛をしたいのに、ギャンブルのことで悩まされてばかりになり、幸せな恋愛はできません。
付き合う前には、ギャンブルが趣味であることを隠す人もいるので、場合によっては彼の友達に聞いたりして見極めましょう。

【付き合う前 見極め 幸せ】幸せな恋愛ができない彼氏の特徴3:自分のことを話したがらない

自分のことを話したがらない男性とは、幸せな恋愛ができません。これから付き合おうという時は、誰でも自分のことを知ってもらいたくなるものです。そんな時に自分のことを話したがらないのは、何か隠したいことがある証拠ととらえても考え過ぎではありません。

女性の方がその人と付き合いたくて、好きになっている時には、「口下手なだけ」などと解釈してしまいがちですが、付き合う前だからこそ、冷静に厳しい目で見極めましょう。

本当は彼女がいることを隠していたり、結婚していることを隠していることさえあるかもしれません。面と向かって「付き合う前にはあなたのことを知っておきたい」と頼んでみて、それでも教えてくれないときには、付き合わない方がいいでしょう。

【付き合う前 見極め】まとめ

男性と付き合う前は、相手のことが実際以上に良く見えてしまうものです。

しかし、付き合う前こそ、相手を厳しい目でチェックする必要があります。付き合う前に相手に感じる違和感やあなたとの相性がよくないかもしれないという不安は、決して見過ごして良いものではありません。多くの場合、違和感や不安は付き合ってもなくならず、いずれは別れることになってしまいます。

本文でご紹介したチェックポイントを参考に、一緒にいて心地よく、自分らしくいられて、対等な関係を築ける相手を探してみてください。

本当に幸せな恋愛ができる相手は、あなたが質問したりチェックをしても、何も後ろめたいところがないため、決して嫌な顔はしないはずです。ただ「彼氏が欲しい」ではなく、幸せな恋愛ができる彼氏をあなた自身の目で見極めてください。

タイトルとURLをコピーしました