【恋愛が気持ち悪い】恋愛している自分が気持ち悪い!嫌悪感を覚えるのはなぜ?

恋愛 気持ち悪い 恋愛

恋愛している自分が気持ち悪い!と嫌悪感を覚える原因について解説しています。

過去の恋愛でトラウマになるくらいのイヤな経験をしていたり、他のカップルの破廉恥な行為を見た経験がある人が、恋愛が気持ち悪いと思うようになることがあります。

また、「蛙化現象」についても解説しています。恋愛の対象になった途端に、相手のことがカエルに見えてしまうとう現象です。

すべての女性に起こる現象ではありませんが、発症するのは女性ばかりという不思議な現象です。ここでは蛙化現象の原因についても解説しているので、自分に当てはまらないか確認してください。

恋愛はしたけど、気持ち悪い!と思ってしまう自分は“おかしい”のでは?と悩んでいる女性に役立つ記事です。

【恋愛 気持ち悪い】恋してる自分が気持ち悪いのはなぜ?

恋愛 気持ち悪い

【恋愛 気持ち悪い なぜ】いつも「会いたい」気持ちの自分は恋愛が重い

最近の動向として、恋人がいない人が増えているようですが、恋愛をしたくても相手が見つからないという人ばかりではありません。その背景には、恋愛をしている自分を恥ずかしいと感じ、あえて恋愛をしない人もいるのです。

恋愛をしている自分を恥ずかしいと感じる人は、相手に内面を見せることに恐怖感を感じたり、恋愛関係になることを重く感じてしまう心理があるようです。いつも「会いたい会いたい」と言ってしまう自分が恥ずかしく、イヤになってしまうのです。

恋愛を疑問なく楽しめる人からすると、不思議な気がしてしまいますが、恥ずかしいと感じて恋愛できない人はそのことで悩んでいることもあります。今後、あなたが好きになる人が、恋愛を恥ずかしいと感じるタイプである可能性もあり、決して他人事とはいえません。

ここでは、恋愛を恥ずかしいと感じる理由や対処法を解説していきます。

関連ページ:「会いたい」って重い?彼氏や好きな人にわがままにならない伝え方

【恋愛 気持ち悪い なぜ】他のカップルの破廉恥な行為を見た経験がトラウマになっている

恋愛を恥ずかしいと感じる理由として、他のカップルの破廉恥な行為を見たことが関係していることがあります。電車内や飲食店など、公衆の面前で派手にイチャイチャしているカップルは誰が見ても気持ちがよいものとはいえません。

自分が恋愛を経験する前に、そのような場面を見てしまうと、人によっては、恋愛=恥ずかしいものと認識してしまうようです。

公然とイチャつくカップルは、恋愛をする人のほんの一部でしかないのですが、恋愛をしたことがない場合には、恋愛対象全体が恥ずかしい行為のように思えてしまうのです。

もちろん、何を見ても気にならない人もいますが、気にするタイプの人が破廉恥な行為をみてしまったときには、恋愛へのトラウマになってしまいます。

【恋愛 気持ち悪い なぜ】仮交際で一週間以上も連絡がなく男性を信頼できない

恋愛を恥ずかしいと思ってしまう女性は、男性に対する強い苦手意識を持っていることがあります。
そういった女性は、勇気を出して入会した結婚相談所で相手の男性と仮交際の段階になると、連絡が1週間以上もなかった経験があったりします。

相手の男性の連絡が遅い理由は、多忙などやむを得ない事情があったかもしれませんが、もともと恋愛が苦手な女性はそうは思いません。自分に魅力がないから男性から軽く扱われてしまう、男性は自分を簡単に傷つける、という思いを強くしてしまうのです。

このタイプの女性は、本当に男性に非がある出来事だけでなく、そうではない出来事もすべて「男性は信頼できない」と片付けてしまうため、ますます男性の良いところに触れることがなくなり、男性不信が強くなってしまうのです。

関連ページ:仮交際で一週間連絡なし!婚活でのLINE頻度は?連絡がない理由

【恋愛 気持ち悪い なぜ】容姿にコンプレックスを感じている

恋愛を気持ち悪いと感じてしまう人の中には、恋愛そのものではなく、自分の容姿にコンプレックスを感じていることがあります。つまり、容姿端麗な美男美女が恋愛をするのは良いけれど、自分が恋愛をすることが気持ち悪いというわけです。

テレビ、映画、アニメなどで描かれる恋愛では、男性も女性も実際にはあり得ないほど美しい容姿の持ち主です。幼少期から、美しい登場人物が恋愛をしている様子を目にしているため
、特別美しくない自分は恋愛をする資格がないと思ってしまうのです。

現実にはごく普通の容姿の人たちが恋愛をしたり結婚をしていますが、このような考え方の人たちは、そういった人のことも信じられない気持ちで見ていることもあるようです。

【恋愛 気持ち悪い なぜ】エッチをする自分をイメージできない

恋愛は人に見せるものではないので、多くの場合、その様子を初めて知るのは、メディアからということになります。メディアには規制があり、性行為までは見せてくれません。

そのため、実際に恋愛する機会が持てないまま、メディアを通して恋愛を見続けていると、自分が性行為をすることがまったくイメージできなくなってしまうのです。

場合によっては、男女を問わず、一生そのような行為はしなくていい、という考えに至る人もいるようです。性行為をしないこと自体は自由ですが、恋愛をする機会に恵まれときに性行為を望む相手とトラブルになってしまうこともあり得ます。

また、性行為がないまま結婚して、いざ子どもがほしいというときに夫婦間で大きな問題となることもあるようです。

【恋愛 気持ち悪い】病気なの?蛙化現象なの?

恋愛 気持ち悪い

【恋愛 気持ち悪い 病気】蛙化現象とは?症状は?

蛙化(かえるか)現象とは、恋愛関係になった途端に相手のことがまるでカエルに変わってしまったかのように気持ち悪く思えてしまう現象のことです。

蛙化現象という名前は、グリム童話『かえるの王さま』にちなんで名付けられました。童話では、カエルの姿に変えられた王子が魔法が解けて美しい王子の姿に戻るのですが、蛙化現象はその逆です。

時系列は逆ですが、童話の前半でカエルの姿をした王子がベッドを共にすることを要求する描写は、女性が恋愛関係になった男性に性行為をせまられて感じるときの気持ち悪さによく似ています。そこから「蛙化現象」の名がついたとも言われています。

蛙化現象の症状としては、好きな相手が振り向いてくれた途端、相手を「気持ち悪い」と感じてしまうことが挙げられます。また、蛙化現象は女性に起こると言われています。

【恋愛 気持ち悪い 病気】蛙化現象は女性だけの症状

蛙化現象は、主に女性に発現すると言われています。なぜ、女性ばかりが蛙化現象におちいる理由はまだはっきりとわかってはいませんが、女性がこの現象に苦しんでいる例は実際に多くあります。

男性は子どもの頃から母親を通して女性と触れ合う機会がありますが、女性の場合は、仕事が忙しい父親がいつも家にいるわけではありません。さらに、男兄弟がいなかったり、女子校育だったりすると、男性との距離が遠いまま大人になることもあります。

女性は、男性とちがって、異性と親密に触れ合う機会がないまま育つこともあるため、女性は蛙化現象が起こりやすいのかもしれません。

蛙化現象は、恋愛したいという本人の意思とは無関係に起こってしまいます。蛙化現象が起こる原因を知って、克服していくことが大切です。

【恋愛 気持ち悪い 病気】蛙化現象が起こる原因

蛙化現象が起こる原因としては、「理想が高いこと」「恋愛にトラウマがあること」「性的なことへの嫌悪感」などが挙げられます。

どの原因も、女性の育ってきた過程や他の恋愛によって生まれるもので、相手の男性のせいではないことが特徴です。

蛙化現象は、女性の方がもともと持っている問題によって起こることを理解しておくことはとても大切です。女性がそのことを知らないでいると、相手の男性に「気持ち悪い」と伝えてしまい、むやみに傷つけることにもつながってしまいます。

女性も男性も、蛙化現象について知っておくことで、せっかくつきあえた相手と簡単に別れてしまうことや、「気持ち悪い」という言葉で男性を傷つけてしまうことを避けられるのではないでしょうか?

【恋愛 気持ち悪い】好意を持たれると気持ち悪く感じる理由

恋愛 気持ち悪い

【恋愛 気持ち悪い 好意】好意を持たれたのが生理的に無理な人だった

蛙化現象が起こってしまう理由として、好意を持たれた相手が生理的に無理な人だったことが考えられます。

女性の方ではもともとは相手が好きで片思いをしていたはずなのに矛盾していますが、これが蛙化現象の特徴です。女性は男性のことが好きだとはいっても、まだ恋愛が始まっていないときには相手のことを理想化して見ていたり、そもそもネット上のやりとりだけで会っていなかったりします。

いざ愛関係になって近くで見てみると、思っていた人と全然違っていた、ということがあるのです。蛙化現象を起こしてしまう女性本人にとっても、相手の男性にとっても、せっかく両想いになったタイミングで男性のことが気持ち悪くなってしまう蛙化現象は、非常に困ったものです。

【恋愛 気持ち悪い 好意】性の対象と見られるのが気持ち悪い

たとえ相手の男性が女性にとって理想に近いタイプだった場合でも、蛙化現象が起こることがあります。その原因には、女性の方が性の対象として見られることを気持ち悪いと思ってしまうことがあります。

関係になれば、その延長線上に性的関係があるのは自然なこと。しかし、蛙化現象におちいる女性にとってはそうではありません。自分から好きになった相手にもかかわらず、性的関係になることが耐えられず、気持ち悪いと感じてしまうのです。

この場合の蛙化現象を乗り越えるには、女性本人が、自分が性的なことに苦手意識が強くあることや相手の男性のせいではないことを自覚することが大切です。関係を続けたいときには、相手の男性に対しても蛙化現象について話す必要があります。

【恋愛 気持ち悪い 好意】浮気された過去を思いだす

生理的な嫌悪感はなく、性的対象に見られることはクリアできても、過去に浮気をされた経験から蛙化現象が起きてしまうこともあります。

この場合は、つきあい始めたときや性的関係になるときではなく、男性の方が浮気をしそうに思えたタイミングで蛙化現象が起こりやすくなります。

例えば、男性が他の女の子の話をしたり、他の女の子とたまだ二人で一緒に帰ったり、まったく浮気ではない状態でも、過去に浮気をされた経験がある女性は「絶対にこの人は浮気をする」と断定してしまいます。

一度疑う気持ちになるとなかなか修復は難しく、相手の男性は浮気をしていないのに疑われてとても嫌な気持ちになります。女性が、男性の浮気にトラウマがあると自覚している場合には、前もって男性にそのことを話しておくことが対策になるでしょう。

遠距離の別れ方で揉めた過去がトラウマに

遠距離をしていた彼と別れ方で揉めた経験がトラウマになっています。
会えない時期が長く続いて、寂しくて耐えられそうもありませんでした。それで、彼に「このまま会えないのが長く続くと耐えられない」と告げました。すると、「仕事だから仕方ない」との返答が・・・。
それなら、「もう別れたい!」と告げました。もう少し、私の気持ちに寄り添ってくれる言葉があれば違った結果になったかもしれません。

関連ページ:【遠距離の別れ方】彼氏に別れたいと言われた!遠距離恋愛で上手に別れる方法

遠距離恋愛ってどこからなんでしょうね

彼と別れた理由が「遠距離恋愛」なのは間違いないのですが、遠距離恋愛がどこからのことを言うのかは、人それぞれだと思います。

だって、私の場合は車に乗れば3時間で行けます。往復6時間もかかるので、毎週会いたいとは思いませんが、月一くらいは会いたいです。もちろん、仕事が忙しい時は我儘は言いません。

でも、彼は「仕事が忙しい」と言いつつも、電話するといつも飲み屋さんにいる感じ。職場の同僚と飲みのも仕事のうちかもしれませんが、それなら言葉が欲しかったです。

今となっては、遠距離恋愛と言えるほど遠距離だったのかな?と思ってます。

関連ページ:遠距離恋愛ってどこから?距離はどのくらい?結婚まで長続きさせるコツと会う頻度

【恋愛 気持ち悪い 好意】片思いしてた男性が急に振り向いてくれた(会えないことに恋してた)

蛙化現象の特徴として、好きな男性が振り向いてくれた途端に気持ち悪くなってしまうことが挙げられます。蛙化現象におちいる女性は、男性は何も変わっていないのに、自分の状況が片思いから両思いになったことが受け入れられないのです。

つまり、両思いではなく、ずっと片思いだけをしていたかったということになります。男性が苦手で恋愛に慣れていない女性は、口では彼氏がほしいと言っていても、本当に彼氏ができると戸惑ってしまいます。

男性とどう接してよいのかわからない、男性がどんなことをしてくるのか読めない、という戸惑いや恐怖心が、相手を気持ち悪く感じる蛙化減少となって現れるのです。

この場合も、男性にとっては寝耳に水の出来事ですから、蛙化現象のことを相手にも知ってもらう必要があるでしょう。

【恋愛 気持ち悪い 好意】相手の合わせてしまう自分に嫌悪感を感じてしまう

男性に対して特別な苦手意識がなくても、恋愛という親密な関係になることが苦手な女性もいます。このタイプの女性は、親しくなるとなぜかいつでも相手の意見に合わせてしまい、そんな自分にも嫌悪感を感じているのです。

成長過程で、親や年長者の顔色をうかがってきた女性にこの傾向が現れやすいようです。女性本人は、他の人間関係では自分の意見を言えるのに、恋愛になると言いなりになる自分にがっかりしてしまいます。

自分の成長過程にその原因があると気づいていない場合には、相手の男性が悪いからと責めてしまうこともあるようです。何度もこのパターンを繰り返してしまう場合には、相手の男性が悪いわけではないと気づき、自分の幼少期を振り返ったり、考え方の癖を見直してみるとよいかもしれません。

【恋愛 気持ち悪い 好意】相手に恋愛感情が沸かない・性的欲求も起こらない

蛙化現象には、相手を気持ち悪いとは思わない場合もあります。好きで恋愛関係になったはずなのに、相手に恋愛感情が湧かない、性的欲求も起こらない場合があるのです。

これは、簡単にいうと「恋に恋をしていた」状態です。自分では恋愛をするつもりで片思いをしていても、実際に恋愛が始まるとまったく夢中になることができません。

相手の男性とデートをしたり会話をすることではなく、家で妄想をする方が楽しいのです。仕事や学業が忙しく充実していたり、いつも一緒の女友達がいたり、家族と仲が良かったり、孤独を感じることがない女性も、このパターンにおちいりやすいようです。

心の奥底には恋愛に対する恐怖心が隠れていることもあるため、自分の心を見つめて克服していく姿勢が大切です。

【恋愛 気持ち悪い 好意】過去の恋愛で生理がこない経験があり怖い

恋愛をすると、性的関係はつきものですが、妊娠のリスクがあるのは女性だけです。たとえ避妊をしても、100%安全とは言えません。

女性の中では、過去の恋愛で生理がこなかった経験があり、もう恋愛なんてしたくないと思っている場合もあります。結果的に生理が遅れてきて、妊娠はしていない場合も、その不安にさらされるのは女性だけです。男性の不安は女性に比べればとても小さなものです。

このような経験をすると、女性は男性全般に対して不信感を持つようになります。恋愛をしなければ危険な目にもあわなくてすむ、という考えが根底にあるため、せっかく新しく好きになった人と恋愛が始まっても、楽しむことができないのです。

この場合も、女性が自分のトラウマを自覚し、男性と話し合うことが必要でしょう。

【恋愛 気持ち悪い】嫌悪感を感じたときの対処法

恋愛 気持ち悪い

【恋愛 気持ち悪い 嫌悪感】人から好意を持たれるのは嬉しいこと。それが男性だっただけ。

恋愛が始まると嫌悪感を感じてしまう女性の多くは、恋愛や性的関係を特別なものだと考えている傾向があります。
恋愛を特別なものととらえるのではなく、力を抜いて「人から好意を持たれるのは嬉しいこと。それが男性だっただけ。」と考えると、恋愛が始めやすいかもしれません。

【恋愛 気持ち悪い 嫌悪感】恋愛に対する考えを変える

恋愛を特別視していたり、苦手意識を持っていることから、蛙化現象は起こります。蛙化現象を克服して、幸せになる恋愛をしたいのなら、まず恋愛に対する考え方を変えることです。

恋愛をする男女である前に、信頼できる人間同士であると考えると、臆することなく恋愛を進めていけるのではないでしょうか?

世の中には、恋愛を指南する情報があふれていますが、自分が嫌悪感を感じる場合には、性的関係を結ぶまでにどれだけ時間をかけても良いはずです。相手の男性にも、蛙化現象について話して、理解してもらうと良いでしょう。

蛙化現象について話をすることで、相手の男性を信頼できるようになり、恋愛や性的関係への嫌悪感が薄れていくことも期待できます。

【恋愛 気持ち悪い 嫌悪感】相手の良いところを見るようにする

蛙化現象では、好きだった男性が何も変わっていないのに気持ち悪いと感じてしまいます。ある意味、病気のような状態ですから、もし自分が相手を気持ち悪いと思っても「これは蛙化現象なのだ。気持ち悪いと感じる症状が出ているだけだ。」と思うようにしましょう。

蛙化現象は、恋愛関係にならないと起きませんので、いったん関係を保留にして、相手の良いところを見るようにするのも良い方法です。

相手の男性がわかってくれそうなときには、蛙化現象のことも話しておくと関係を保留にすることも理解してもらいやすいでしょう。

人によっては、恋愛至上主義だったりして、蛙化現象が理解できないこともありますので、その場合は、ゆっくりと恋愛を進めながら、自分の意識の中で相手の良いところを見るようにしていきましょう。

【恋愛 気持ち悪い 嫌悪感】彼氏持ちの友人に相談してみる

蛙化現象に困ったら、彼氏持ちの友人に相談してみましょう。意外と蛙化現象に苦しむ女性は多いと言われています。言わないだけで、友人の中には同じような状況で悩んだ人がいるかもしれません。

彼氏持ちの友人なら、彼氏に対して冷めたり気持ち悪いと感じたときの乗り越え方を知っているかもしれません。

場合によっては「つきあっているけど、しょっちゅう気持ち悪いと思っている」というような意見が聞けて、心が軽くなるかもしれません。

蛙化現象は、恋愛が苦手だったり、恋愛を特別なものと思いすぎていることから起こります。友人の恋愛状況を聞くことで、自分が恋愛に高い理想を持っていたことに気づくことができるのではないでしょうか?

【恋愛 気持ち悪い 嫌悪感】恋愛抜きで多くの男性と会ってみる

彼氏と2人で会うことが増えると、その彼氏だけが気持ち悪いと思ってしまいます。彼氏が性的関係を望んだり、身体を触りたがったりされると嫌悪感が出てくるかもしれませんが、他の男性からされたらもっと嫌なはずです。

ときには、飲み会などで、他の男性と間近に接する機会を持ってみて、好きになった彼氏の方がずっと自分の好みだ、彼氏は素敵な人だと実感してみるのもおすすめです。

男性は女性よりも体も大きく、女性ばかりで過ごしていると威圧感を感じ、気持ち悪い友思えてしまいます。せっかく好きになった彼氏をそんなことのために遠ざけてしまうのはもったいないことです。

あえて他の男性と接することで、彼氏はぜんぜん気持ち悪くないと気がつくことができるかもしれません。もともとは、好きで片思いをしていた相手なので、恋愛や性的関係への嫌悪感さえ乗り越えられれば、うまくいく可能性も大いにあります。

【恋愛 気持ち悪い】まとめ

恋愛をしている自分のことを「気持ち悪い」と感じてしまう理由について解説しました。当てはまることはあったでしょうか?

「蛙化現象」についたても解説しました。症状に一喜一憂することなく、原因を把握してしっかりと対処することが大切です。

【恋愛 気持ち悪い】恋してる自分が気持ち悪いのはなぜ?
他のカップルの破廉恥な行為を見てしまったことがある!など、恋愛を気持ち悪いと感じてしまう原因を解説しました。自分に当てはまることがないかを再チェックしてみましょう。

【恋愛 気持ち悪い】病気なの?蛙化現象なの?
ここでは「蛙化現象」について解説しています。男性には、あまり現れない症状です。女性ならではの現象について正しく理解しましょう。

【恋愛 気持ち悪い】嫌悪感を感じたときの対処法
恋愛を気持ち悪いと感じてしまった時の正しい対処法を解説しました。原因と対処法を理解すれば、もう大丈夫です!

関連ページ:ハッピーメールの口コミ評判とハピメアプリのログインは?

タイトルとURLをコピーしました