興信所で過去はどこまでわかる?結婚する恋人の過去をどこまで身元調査でわかる?

興信所 どこまでわかる 過去 恋愛

ここでは、興信所で調査対象の過去について「どこまでわかる?」のかについて解説しています。

結婚の約束をした相手の

  • 過去が気になる
  • 隠し事をしていそう
  • 借金や婚姻歴を知りたい

という方のお役に立てる内容です。

具体的には、相手の「職歴・学歴」「婚姻歴・異性関係」「人柄・評判」を知りたい方に参考になります。

また、「逮捕歴・犯罪歴」「借金」など、興信所でも調査できないこともあります。これらの依頼を引き受けるような興信所は信用度が低いです。

興信所で「調査できること」「調査できないこと」を知ることができるので、調査依頼を検討している方にも参考になるます。

Q&Aでは、興信所の料金やリスクについても解説しているので、真剣に依頼を考えている方の参考になります。

興信所で過去はどこまでわかる?探偵会社ができる調査範囲/探偵業法とは?

興信所 どこまでわかる 過去

探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要(警視庁)

探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要 警視庁

探偵会社ができる調査範囲1・面接による聞き込み

探偵会社が調査できるのは面接による聞き込みで相手のやってほしいことを聞きこみます。というのも探偵は、個人情報の保護という観点から依頼者から口頭で面接により情報を引き出し依頼者の問題の解決をサポートするという権限しかありません。だから調査においては警察と協力して調査をするという方法以外に権限を持ちません。だから、行動によって情報を引き出し、情報がおそらく真実であると判断した場合にのみ依頼を遂行します。よって夫の浮気の調査をしてほしいという依頼があれば、夫であると言われている人物が浮気をしているという事実を面接を通じて聞き出し、確証があると判断した場合のみ依頼を遂行する約束をします。なので、依頼において確証がない場合、無理やりプライバシーを掘り出すことになるため探偵側にかなりリスクがあり危険な行為になるがゆえ、相手側に浮気という事実がないと判断すれば探偵は行動しないんですね。

探偵会社ができる調査範囲2・尾行

探偵会社ができる調査は尾行です。そのうえで、尾行をする際、法律に従い尾行をする点が探偵の尾行の特徴です。実は尾行にはルールがあり、ルールというのが調査目的での尾行である必要があり、ちょすあをする場合において他人の敷地内に不法侵入してはならないというルールがあります。これは他人の敷地に入る場合、許可をもってしてであれば立ち入ることを許されるのですが、そうではない場合、探偵は、敷地内に入り込んでまで相手を尾行することはできません。あくまで尾行は調査目的で対象者を追う、そして対象者に尾行がバレないというのが前提です。だから尾行していることがバレた場合、大惨事になるのは尾行という行為の前提が調査であり、尾行対象者にバレては尾行にならないがゆえです。だから刑事もののドラマなどでは尾行がバレた際大騒ぎするのは相手から調査して得るものが無くなることと、相手から訴えられるリスクがあるからですね。

探偵会社ができる調査範囲3・張り込み

探偵会社ができる調査には、張り込みがあります。これは、簡単に言えば調査目的で対象を見張るというものです。これは実は見張るという行為自体は探偵が見張りをすることは適正であるんですが、問題は見張っていることがバレてはいけないという点がポイントになります。だから、実は探偵でなくとも見張りをすることは誰でもできるんですが、バレるかもしれないという方向性においては探偵会社はノウハウを持っているため、張り込みで対象者に見張っていることがバレるということはまずないんです。もし対象に見張っていることがバレました、そして対象が見張りをするように頼んだ人物を言えと脅してきた、そして探偵はまさに今命の危険にあるということになりますと守秘義務も消え失せますから探偵は張り込みができバレないという自信と技術があるんです。だから探偵の方は危険がある中張り込みをしているというわけですね。

探偵業の欠落事由(探偵業を営むことができない)とは?

探偵業の欠落自由は簡単に言えば、その人が探偵をするに際して信用できない人だということです。つまり、探偵は信用が大事ですから、信用できない状況下にある人、例えば未成年であるとか犯罪者となり服役していた人物でまだ5年の歳月が経過していないなども信用という方向で問題があるということで探偵業は営めません。そして実は私破産していますという方も信用問題において銀行のほか世間から信用されていないということで探偵業を営むことは不可能です。ただ、破産の場合、復権と言って法的地位が回復して信用可能になった場合、探偵業を営めますので破産者の場合権利が戻れば可能です。この問題は難しく考える必要はなく、犯罪者であるがゆえ信用できない、そして出所してからまだ歳月が流れてないから信用できないですという方向や破産したことで世間の誰も信用してないですという方向に考えると探偵業の欠落自由は理解できるでしょう。

探偵業の届出制とは?

これは探偵業をしようとしている人物に対して営業を開始する前に警察署に探偵の仕事をしますという届け出を行おうという制度です。この届出は法律で守られた書類になり、探偵業の適正化を測る書類です。つまり、探偵業は昔においては、かなり信用が低く、その理由は適正化という方向で探偵業の在り方をきちんと明記してなかったがゆえ周囲から信用されなかったのです。つまり不適正な活動という方向で探偵は不当に利益を稼いだという経緯があり、それらを差別化するために生まれたのが探偵業の届け出制です。つまり警察側が保証人になり、依頼者に対して契約内容等をめぐるトラブルを引き起こさないことを約束したり探偵自体が恫喝して依頼者から依頼料を強制徴収するということがないようにするというのがこの届出制です。この届出は、警察側が不許可とすれば営業ができなくなりますので、十分に依頼人を守る法令になります。

興信所の身元調査でどこまで過去が分かる?【職歴・学歴】

興信所 どこまでわかる 過去

探偵会社は相手の職歴や学歴を調査することができる

探偵会社は相手の職歴とか学歴の調査が可能です。このケースの場合、調査という方向性で口頭により周囲から上京提供をしてもらうかインターネットなどで公式に発表されている正しい情報から相手の食歴とか学歴を調査します。簡単に説明しますと、調査対象が超有名人だった場合、どこの学校を卒業したかは口頭で聞いて回っても即座にわかりますし、インターネットにあの○○という有名人が卒業した学校という形で紹介されているなどをした場合、それらを調査事実とします。探偵は、口頭かネット上で発表されている正しい情報を真実として調査して報告をすることで相手の学歴とか職歴を調査することが可能です。ただし、注意すべく点は、口頭かネットでしか調査することができない場合情報提供者において国などの期間から情報を提供してもらうことはできないです。つまり市役所などで個人情報収集はできないということですね。あくまで探偵は自分で調べた情報を相手に提示です。

興信所の身元調査でどこまで過去が分かる?【婚姻歴・異性関係】

興信所 どこまでわかる 過去

探偵会社は相手の婚姻歴や異性関係を調査することができる

興信所の身元調査ですが、結婚歴とか異性関係は調査可能です。これらは調査目的で依頼人が望む場合調査可能で、事実を第3者から提供してもらうかインターネットに記載してある情報をもとに真実である物を婚姻歴や異性関係として報告します。まず、婚姻歴については、調査方法は対象となる人物を知る人物から調査であるということで情報提供をしてもらいます。その際、浮気などの調査である場合、第3者の女性の存在についての証言になりますのでこの場合証言になる場合においては証人となるかどうかという方向でも探偵は情報提供者に対して証人になるかどうかも相談することもあります。異性関係も同様で証人になってもらえるかどうかという点で裁判などで承認になってもらうということを伝える探偵会社もあります。いずれにしろ探偵会社は、婚姻歴や異性関係を調査という方向で依頼人から望まれたことであるという方向で調査可能です。

興信所の身元調査でどこまで過去が分かる?【人柄・評判】

興信所 どこまでわかる 過去

探偵会社は相手の人柄や評判を調査することができる

探偵会社は相手の人からとか評判の調査が可能です。この場合、探偵社は相手の人からなどを口頭やインターネット上の評判から調査して報告書として提示します。探偵は依頼者が望んだ場合において人柄や評判を調査目的という方向で調査することが許されます。ただし、調査できないこともあり、調査できないことについては探偵側の身に危険が及ぶ場合、探偵側が調査を拒否する権限があります。なので、相手の人柄を調査するうえで探偵側が危険を感じた場合、速やかに調査を終えることが探偵は可能となります。また、依頼者側も探偵に対して危険人物の調査をすることを隠した場合、調査を打ち切るという方向になる上、事前の調査段階において危険人物である可能性を否定しなかった点で問題になることがありますので、このケースの場合、依頼人側が調査対象が危険であることを知っていた場合、うその証言をして依頼を遂行させようとしたことで処罰を受ける可能性があり得ます。

興信所では調査できない過去とは?【借金などの信用情報】

興信所 どこまでわかる 過去

探偵会社は相手の信用情報を調査することはできない

探偵会社は信用情報などは調査できません。これはプライバシーの保護の観点から借金という情報などを開示する調査は出来ません。この調査を可能とするのは国に属する調査官だけですからプライバシーを無視して捜査して問題を見つけて取り締まることができるのは警察など国に属する人物たちだけです。なので意図的に信用を失墜させることが可能である、あの人借金が○○円ありますというような情報の開示を目的とした調査は出来ないんです。なお、警察側も実は信用を失墜させる方向で相手を調査して意図的に調査した内容を発表して第3者を失墜させるような会見をすることはできません。あくまで警察が可能なのは、信用情報においては不正をしていて不正が刑事罰に相当するかどうかを判断して逮捕するというのが警察の仕事になるため、調査をしてその調査内容を発表することはありません。

興信所では調査できない過去とは?【犯罪歴・逮捕歴】

興信所 どこまでわかる 過去

探偵会社は相手の犯罪歴・逮捕歴を調査することはできない

探偵会社は相手の犯罪歴や逮捕歴の調査は出来ません。これはプライバシーの問題と調査するうえで探偵側に危険が及ぶ可能性が高いためです。つまり、調査対象が実は暴力団だった場合、調査をしていくうえで逮捕歴などを周囲に聞いて回った場合、それが暴力団の耳にはいればどうなるかという問題において犯罪歴がある人物や逮捕歴がある人物の調査は出来ないんです。ただし、逮捕歴や犯罪歴がある人物たちを専門に調査する探偵事務所なども実はあるので、あながち、絶対に調査できないというわけではないです。あくまで探偵側の身に危険が及ぶかもしれないということから調査ができないというだけであって、調査を専門とする探偵事務所もありますので調査をしてくれる事務所ではこのような問題も一応調査可能な問題としており、わかり次第犯罪歴や逮捕歴について調査報告をまとめて提出する事務所もあります。

興信所では調査できない過去とは?【差別に繋がる恐れがあること(特定地域の出身など)】

興信所 どこまでわかる 過去

探偵会社は相手が特定地域の出身者であることを調査することはできない

これは国の方針で調査対象者が部落出身者である場合、調査してはならないという法律から調査を探偵側は放棄するという問題です。この法律は部落差別に当たるという観点から過去を掘り出す行為において部落出身者を調査対象としてはならないというもので違反した物に対して刑事罰を与えるというものです。なので、探偵側が調査をした場合、普通に探偵側は捕まり刑事罰を受けてしまいます。だから探偵は調査をしたくともできないんです。というか、調査をする利点がないとも言い切れます。だって、調査をして調査していることが対象者にバレた場合、問答無用で刑事罰で犯罪者になりますから全くと言ってよいほど利点がありません。なので、兄を探してほしいということでも兄がそうしたエリアの出身の方だった場合、普通に探偵事務所は調査を拒みますし仕事を引き受けませんので注意しましょう。

興信所で相手の過去はどこまでわかる?よくある質問

興信所 どこまでわかる 過去

恋人の身元調査の相場はどのくらいですか?

身元調査はおおよそ15日間であれば、80万円が相場で一か月で150万当たりが相場です。ちなみに探偵事務所においては時給制という物を採用している事務所もあるのでそうした事務所の場合、探偵を一日雇ったという方向で1万円から80万円の間で一日働いてもらって成果を出したという方向で料金を支払うのもあります。だから、時給制の場合、うまくいけば、探偵を一日1万円で雇い入れ、一日で身元調査が終われば、払う料金は一万円で済みます。ただ、そうならないがゆえ、結局30日かかってやっと情報が集まったとなれば、30万円の支払うが生まれ、その際に調査に使用した経費なども含まれるとなるとさらに料金が膨らみ結局90万円になったということもあるので恋人の身元調査は80万から150万円で終わればよかったねという方向に考えるのが良いのではないかと思えます。料金については、探偵事務所側の仕組みによって異なるため、正直相場については、80万から150万で終わればよかったね程度の情報しかないんですね。

身元調査を引き受けてもらえないケースはどのようなものがありますか?

身元調査を引き受けてもらえないケースは相手側が危険人物である場合です。このケースは早い話が探偵が危険です。調査して尾行している間に尾行がバレると探偵はどうなってしまうのかという面において危険人物の方は探偵側が調査したくないんです。もっと言えば、探偵は武装することが許されてないですから、警察と異なり、立ち向かうすべがないんです。だから、相手が危険人物だった場合、そして拳銃などを所持している場合、もうお手上げになります。だから、相手が危険人物であると分かると捜査を中止して以来を遂行不可能という形で片付けることが許されます。この場合、身の安全の有線が第一になるため、身元調査時に相手が危険であると分かれば探偵は普通に操作をやめます。これは一般の方でも恐らく相手が危険人物だったら引き上げて尾行することをやめると思いますので当たり前の考え方です。

探偵に身元調査をしていることがバレるリスクはありませんか?

バレてしまうから、問題になり問題が大きくなり裁判ということがあるんです。この場合、探偵側の尾行がバレて探偵側が捕まって脅されて依頼人についての情報を白状した場合、まず探偵事務所が訴えられたうえで、依頼した人物も訴えられます。そして、訴えた側に対して何の落ち度もなかった場合、大惨事で浮気などを疑った人物側が探偵を使って秘密を握ろうとしたという方向性で訴えられると慰謝料が発生するでしょう。ここがかなり嫌な部分で、バレるリスクがあるがゆえ、探偵を選ぶ際に慎重にならざるを得ず、探偵事務所側もバレた場合、どう回避するかという回避手段を持っているかどうかが重要になります。この回避手段がないと相手側に探偵が捕まるとどうしようもない上、個人情報の収集自体はグレーゾーンなので探偵というのは実は訴えられるリスクが高い仕事なんですね。だから、報酬が高いと考えると納得です。

旦那が浮気をしているようです。浮気調査のためにGPSアプリを仕掛けても違法にはなりませんか?

違法ですね。さらに言うと、そのGPSアプリは安全なんでしょうかという問題とどうやってアプリをインストールするのですかが問題です。許可なく不正にインストールしたとなれば、違法行為になる上、プライバシーを侵害するような行為であると相手側が言い出せば間違いなく刑事罰になるでしょう。刑事罰になった場合、罰金か懲役になるので望ましいことであると言い切れません。逆を返せば旦那に対して正直に浮気を疑ってるからGPSアプリを入れさせてと断ってアプリをいれれば実は犯罪になりません。この場合夫が同意しているため犯罪になりません。ただ、普通はいいよと言わない可能性が高いのでその時点でなんで?となるので浮気をしているのかと問い詰めることが許されてしまうので、男性側としてもこの場合、いいよと言ってアプリを入れてあげるという方向が良いのかもしれないですね。

関連ページ:恋愛が気持ち悪い!恋愛してる自分が気持ち悪いのはなぜ?好意に嫌悪感は病気?

 

関連ページ:【旦那の車にGPS】GPSを勝手につけるのは違法?GPSで旦那の浮気調査

LINE監視アプリで旦那の浮気調査はできますか?

出来ますがやめておいた方がいいです。監視アプリというのは仕組みにおいては情報を収集して第3者に送るという仕組みなんですが不鮮明なことが多く、危険です。個人情報がたくさん流出して旦那さんの講座の番号なんかが割り出され現金をすべて失ったということになったら責任を取るのは違法なアプリのように見える監視アプリを入れた人物です。この責任を取れるかという部分が問題点で、監視アプリって早い話がスパイアプリなんです。だから、どうなるかわからないですし、どこまで情報を吸い出しているかもわかりません。そんなアプリを浮気調査で使用するのであれば、普通に家の中に監視カメラを5000円程度の奴を設置してスマホの映像を移したほうが安全です。だからやめておきましょう。

関連ページ:【LINEで浮気調査】パートナーのLINEから浮気を見破る方法/浮気・不倫の証拠を抑える

彼氏の浮気チェック(浮気調査)におすすめのアプリはありますか?

一応ありますがやめておきましょう。なぜなら、本当にどうなるかわからないです。ここで言うどうなるかわからないというのは、アプリの影響でスマホがどうなるかわからないという点でやめておいた方がいいです。どうしてもやるのであれば、ケルベロスとかmSpyというアプリを入れるといいんですが、どうなっても知りませんよ。こう言うアプリはスパイアプリと言ってどうなるかわからないんです。相手のスマホが壊れたとか、様々な電子カードの情報が盗まれてすっからかんになっているとなっても知りませんよ。そしてその責任を取れという形で訴えられても知りませんよ。この場合、不正にそうしたアプリを入れたということで間違いなく、彼女さんが悪いんで、彼氏さんの損害については全額を追うということになるでしょうね。

関連ページ:【彼女の浮気チェック】彼女の浮気の兆候を見破る方法/浮気診断

 

関連ページ:【妻の浮気チェック!】妻の浮気・不倫を確かめる/見破る方法まとめ

彼氏が浮気しているようです。車に仕掛けたGPSは浮気の証拠になりますか?

微妙ですね。というのも浮気相手の家に行ったという事実が分かるだけで、実際にGPSが指し示す場所が浮気相手だからと言っても車に降りて別のところで彼氏さんが目撃されていた場合、浮気をしてなかった、たまたま浮気相手の近くに車を止めたというだけになるので正直微妙です。この場合、一番いいのが相手とのツーショットになり、そうした写真のほうがばっちり浮気の証拠になります。ただ、写真となるとどうやって写真撮影しようとなりますので、超小型の撮影用のドローンを飛ばしたり、ラジコン型の地面を走行するドローンで撮影するなどをしない限り難しいんじゃあないかと。浮気の決定的な証拠はツーショットです。これをいかに撮影するかを考えてみるとよいかもしれませんね。

関連ページ:【彼氏の浮気チェック】彼氏の浮気を確かめる方法や質問/浮気を見抜く方法

旦那の浮気調査を興信所に依頼しようと思います。旦那の過去がどこまでわかるのでしょうか?

あなたが知りたいことすべてを知ることができますが、問題となるのは探偵が調べることができる範囲内で分かることすべてです。そして、探偵側が調べることができないとか調べるのは嫌だなという物以外であればなんでも調べることはできますよ。例えば、旦那の履いているパンツの柄でどの柄が一番履いているのが多いかなんかも張り込みで分かると思いますのでそんなことを調べてくれるのという問題でも案外と調べてくれます。ただ、探偵さんも、そんなん調べるの嫌だというのは絶対に調べてくれないです。例えば、旦那さんが暴力団で愛人を調べてなんかはまず調べてくれませんよ。だって、探偵さん側が超危険にさらされるためこの場合絶対に嫌だというでしょうし、一般人でも嫌と言います。一般人でも嫌なことを引きくけてくれることなんてありえないですからね。

関連ページ:【探偵 東京】浮気調査・不倫調査におすすめの探偵事務所/料金が安いのは?

【興信所で過去はどこまでわかる?】まとめ

興信所で調査「できる」ことと「できないこと」を紹介しました。

「できない」ことを知っていれば、興信所の良し悪しを判断することができます。

もし違法な調査にも関わらず依頼を受けるような興信所は選ばないことが肝心です。調査はしているのは興信所かもしれませんが、依頼者も違法行為をしたことになります。

今一度、何が合法で、何が違法なのかを理解しておきましょう。

興信所で過去はどこまでわかる?探偵会社ができる調査範囲/探偵業法とは?
興信所が法律に違反しないで行える調査を解説しました。また、探偵業を営むための届出には何が必要かを紹介しました。興信所を選ぶときに基準にしてください

興信所で相手の過去はどこまでわかる?よくある質問
興信所に調査を依頼すると

  • 費用はどのくらいかかるのか?
  • リスクはないのか?
  • 調査を断れるケースはどんなとき?

などの疑問に答えています。再度、読み返して理解を深めましょう。

関連ページ:ハッピーメールの口コミ評判とハピメアプリのログインは?

タイトルとURLをコピーしました