遠距離は寂しい。彼氏との遠距離恋愛が泣くほど辛い時の対処法!

遠距離 寂しい 恋愛

【遠距離 寂しい】泣くほど寂しくなるのはどんな時?

遠距離 寂しい

【遠距離 寂しい 泣く】デートの別れ際

なかなか会えない大好きな人と1日を過ごして、また別れなくてはいけない時は、たとえようもなく寂しいものです。笑って「またね」と言おうとしても、涙が出てしまうこともあります。デートが楽しければ楽しいほど、離れたくなくなってしまうでしょう。

近くに住んでいれば、すぐ会うこともできますが、遠距離恋愛の場合には、次はいつ会えるかわかりません。時間を止めて、永遠にこのままでいたいと思ってしまいます。でも、遠距離だからこそ、新幹線や飛行機の時間があって、早めに別れなければいけないこともあります。

ただでさえ会える日が少ないのに、遠い所に帰らなくては行けないから、早めに別れなければいけない。これも遠距離恋愛の辛いところです。

【遠距離 寂しい 泣く】他の男性にアプローチされた時

遠距離恋愛中の女性は、余裕がある魅力的な人に見えることがあります。他の彼氏がいない女の子たちは、合コンに参加したり、好きな男性を誘おうとしているなかでも、遠距離恋愛している女性は、いっさい興味がないようにマイペースで生活しています。

そんな姿は、他の男性から「自分を持っている」とか「なかなか手が届かない」というイメージを持たれて、アプローチされることがあります。また、男性によっては、遠距離恋愛中であることを知っていながら、人のものを攻略したいという気持ちが生まれて、誘ってくることもあります。

アプローチされた女性側の方も、本命の彼は遠距離にいて、なかなか会えないため、心が揺らぐ原因になってしまいます。

【遠距離 寂しい 泣く】彼から連絡のない時

遠距離恋愛で大切なのは、おたがいを想う気持ちです。通常の恋愛とちがって、会って気持ちを確かめることができないため、こまめな連絡がとても重要になります。女性はできれば毎日、少なくとも3日に1回ぐらいは連絡がほしいものですが、男性はそこまで連絡が必要だと気づいていないものです。

女性はLINEや電話などの連絡マメにすることが負担になりにくいことが多いですが、男性は用事がないのに連絡することが苦痛になってしまう人が多いものです。

遠距離なのに、彼から連絡が来ないとき、女性はとても不安になります。彼の方が安心しきって絆を疑っていないときに、彼女の方は、彼に対して、不信感でいっぱいになっていることがあります。

【遠距離 寂しい 泣く】ケンカした時

恋人同士でも、つきあいが長くなれば、ケンカは避けられません。普段はワガママなどをいっさい言わない人も、恋人にだけは「こうしてほしい」「どうして?してくれないの」という気持ちが強く出てしまうことは多いものです。

彼も彼女も、相手に恋人だからこそ、願望や不満をいだいてしまいます。特に、遠距離恋愛では、気軽に話しかけて会えない寂しさから、「寂しいのにフォローしてくれない」という気持ちが生まれやすくなります。

一方がそう思っているときには、相手も同じように思っていてて、どちらかが不満をぶちまけると、相手も自分の不満が爆発してしまいます。その結果。せっかく会える貴重な時間にケンカをすることになってしまいます。

【遠距離 寂しい 泣く】他のカップルを見たとき

遠距離恋愛をしていても、周囲の人たちには関係ありません。仲の良い友達は、遠距離恋愛中であることを知っていて、気をつかってくれても、街行く人はそうはいきません。遠距離恋愛中の人にとってつらいのは「他のカップルを見たとき」です。

他のカップルの仲の良さそうな姿を見ると「彼氏がいても会えないなら意味ない」とまで思ってしまいます。仕事が辛いとき、風邪をひいてしまったとき、クリスマス、誕生日などは、特に、他のカップルを見たくないものです。

仕事中は仕事に集中できても、帰り道にカップルを見ると寂しくなったり、休みの日に買い物に行こうと思っても、他のカップルを見たくないからやめておこう、と思ってしまうほどです。

【遠距離 寂しい】辛い時はこうやって乗り越える!

遠距離 寂しい

【遠距離 寂しい 辛い】友達と飲みに行く

「遠距離恋愛が辛すぎる」と思ったら、友達と飲みに行くのがおすすめです。友達と話すこととお酒を飲むことの2つを同時に叶えることができて、かなりストレス解消になります。友達には遠距離恋愛の悩みをたくさん聞いてもらいたくなりますが、同時に友達の話も聞くようにしましょう。

友達が遠距離ではない恋愛をしていたら、その悩みを聞くことで、かえって遠距離の方がいいかもと思えるかもしれません。また、友達に彼氏がいない場合には、遠距離でも彼がいてくれることのありがたみを再確認できるかもしれません。

あまり頻繁に飲みに行くと、彼からの連絡に気づかなかったり、彼に遊んでばかりいると思われてしまうので、気をつけましょう。

【遠距離 寂しい 辛い】「会えないのが辛い」と気持ちを伝える

会えないことが辛くても辛いと言えない女性は、素直に「会えないのが辛い」と伝えるのも有効です。彼も当然、会えなくて辛いことぐらいわかっていてくれているはず、と思っても実は、言わないと伝わっていないこともあります。

それに、普段は言わないからこそ「会えなくて辛い」と言うことをとてもかわいく思ってもらえます。そして、彼からも同じように「会えなくて辛い」という気持ちを聞くことができれば、遠距離恋愛を乗り越える絆になります。

当たり前のことだと思っても、ときには辛い気持ちを言葉に出してつたえることで、相手にも気持ちをわかってもらえます。相手も辛いことがわかるきっかけにもなり、遠距離を乗り越える力になります。

遠距離 寂しい 辛い】一人の時間を作らないようにする

遠距離恋愛の辛さにのみこまれてしまうと、一人でいると考える必要のないネガティブなことばかりを考えてしまいます。彼は今ごろ、もう好きな人ができているんじゃないかとか、もう会えないんじゃないかとか、わからないことをわざわざ考えてもいいことは一つもありません。

単に不安が募るだけです。余計なことを考えないようにするためには、一人でいないことがコツです。誰かと過ごして、会話があれば、遠距離恋愛から気持ちを逸らすことができるはずです。もし、友達も家族も忙しければ、ペットを可愛がったり、植物の世話をするだけでも、ちがってきます。

遠距離恋愛で悩む自分に時間を与えず、誰かと過ごす時間を作るようにしてみて下さい。

【遠距離 寂しい 辛い】趣味を持ったり、習い事をする

遠距離恋愛をすると、女性はどうすることもできない遠距離恋愛への不安や不満に取り憑かれたようになってしまうことがあります。不安や不満でいっぱいになったときは要注意。

気持ちが暴走して、あなたを想ってくれている彼に言いがかりのようなことを言ってしまい、関係を悪化させることにもつながります。恋愛体質で、彼に尽くすタイプの女性は、特別な趣味がなく、恋愛が趣味のようなケースも多いようです。

趣味なんてなくていい、という場合にも、あえて無理矢理にでも趣味をつくって、彼のことばかり考える暇などないようにしましょう。お弁当づくり、ガーデニング、散歩、ランニングなど、教室に通わなくても始められる趣味もたくさんあります。

【遠距離 寂しい 辛い】自分に自信を持つ!

自信は自分でつけるもの、という言葉を聞いたことはありませんか? 彼がいてもいなくても、自信がある人はいつでも自信があります。

恋人がいてほめてもらって、なんとか自信を保っていたような人は、本当の自信がある人とは言えないのです。遠距離恋愛で、彼がそばにいないときこそ、本物の自信をつけるチャンスです。「わたしには彼がいるから魅力的」ではなくて「彼がいてもいなくても、わたしの魅力は変わらない」と言えるぐらいの人になりましょう。

彼がそばにいると、つい精神的なよりどころにしてしまいがちです。遠距離恋愛は、彼というよりどころがなくても、自信を持って生きることができるようになるためのちょうどよいきっかけになります。

【遠距離 寂しい 辛い】別れ際に次に会う日を決める

どんなに2人の関係に自信があっても、遠距離恋愛には不安はつきものです。相手を想いあっているなら、不安感をそれぞれ募らせているのも馬鹿げた話です。不安なくすには次に会う日を決めておくことが大切です。

「次にいつ会えるのだろう」「もう会えないかもしれない」というのが、遠距離恋愛の人柄陥りやすい気持ちです。次に会う日を決めるのは、実際に顔を合わせて話せる別れ際がおすすめです。

たとえ、本当に都合がつくかわからなくても、日にちを決めてしまうことで、その日を心の支えにして遠距離恋愛を続けることができます。日にちを決めたら、できるだけ都合をつけ、どうしてもその日が無理になってしまったら、必ず別の日を設定します。

【遠距離 寂しい 辛い】将来の話をする

遠距離恋愛だからこそ、将来の話をすることが大切です。なぜなら、遠距離恋愛にはうまくいかない、いずれ別れてしまうというイメージがつきもので、遠距離恋愛をしている当事者もそのイメージに引っ張られ、うまくいくものもうまくいかなくなるからです。

遠距離恋愛中の相手が、自分の人生に欠かせない人だと感じたら、臆することなく、将来の話をしましょう。結婚するのはいつにしようか、結婚したらどこで暮らそうか、結婚式はどんな風にしようか、そんな具体的なことをどんどん話題にしていきましょう。

話すことによって、2人に共通の将来のビジョンが生まれ、ただの遠距離恋愛カップルから、将来をともに過ごす相手としての基盤が生まれます。

【遠距離 寂しい】遠距離恋愛を長続きさせるコツ

遠距離 寂しい

【遠距離 寂しい 辛い】遠距離恋愛を前向きに考える

遠距離恋愛はマイナスなことばかりではありません。彼氏がそばにいたら、どうしても一緒に過ごす時間が多くなりますが、遠距離だからこそ、1人で過ごす時間をたくさん持てるのです。

その時間をただ「寂しい」と言って過ごすのではなく、自分のためにつかうと、大きく成長することができるはずです。資格取得のための勉強をしたり、ランニングや筋トレを始めてみたりすると、中身も外見も磨くことができます。

寂しいと思う暇があったら、ありあまる時間を自分のためにつかうと、次に会うときに彼氏を驚かせることができるかもしれません。彼がそばにいないことで、仕事や自分の課題にも責任をもって取り組める自立した女性になることができるでしょう。

【遠距離 寂しい 遠距離恋愛】束縛や干渉しない

遠距離恋愛中の女性は心配のあまり彼氏を束縛してしまいがちなもの。束縛といっても距離が離れているため、LINEや電話を頻繁にして、相手を疲れさせてしまいます。自分もやってるかも、と思ったら、一度立ち止まってみてださい。

実際に会うことができたら、その心配している様子も彼に見せることができるので、かわいいと思ってもらえる場合もあります。でも、姿が見えない遠距離恋愛で、文字や声で心配されても、ただ単に「ウザい」と思われてしまう危険もあるのです。

たとえば、離れて暮らすお母さんが毎日連絡をしてきたら「やめてよ」とか「もっと信用してよ」と思いませんか? 心配に支配されることなく、彼を信用するように努めましょう。

【遠距離 寂しい 遠距離恋愛】お互いの生活習慣に合わせる

もし、同棲をしていたり、近くに住んでいれば、生活習慣を合わせなくても問題はありません。一方が早寝早起き、もう一方が夜型でも、夜の数時間を一緒に過ごすことができれば、寂しく感じることもないはずです。

かえって一日中顔を合わせなくてすみ、よい距離感が生まれることもあります。でも、遠距離恋愛では、できるだけ生活リズムを揃えるのがコツです。ただでさえ会えない相手とLINEや電話でも話せないと心が折れてしまいます。

今すぐ話したくて電話をしたのに、出てくれない、LINEも見てくれないのでは、いるのかいないのかもわからなくなってしまいます。遠距離恋愛だからこそ、時間を合わせて、意思疎通ができるようにしましょう。

【遠距離 寂しい 遠距離恋愛】友達に相談する・愚痴を言う

遠距離恋愛中、頼れるのは友達です。遠距離で彼氏と会えないことをわかってくれている友達や、彼氏とも会ったことがある友達なら最高です。たとえば、彼氏から連絡が来ないときにも、「あの彼は絶対に浮気なんてしてないよ」なんて言ってくれると、心配な気持ちが紛れていきます。

彼氏がいれば、彼氏と過ごすはずの時間も、彼氏のことを話せる友達と会うようになる人が多いです。友達に彼氏がいなかったり、同じ遠距離恋愛中なら良いのですが、彼氏や気になる人がある場合には、友達の恋を邪魔しないように気をつけたいものです。

そして、相談に乗ってくれたり、愚痴を聞いてくれることを当たり前と思わずに、きちんと感謝の気持ちを伝えましょう。

【遠距離 寂しい 遠距離恋愛】彼氏を信じる

離れていると、本当にこの彼を信じていいのか気持ちがぐらついてしまうことがあります。いそ自分から終わらせてしまいたくなることもあると思います。

でも、縁があって知り合い、付き合うことまでできた彼を一時の気の迷いで手放してしまうのはとてももったいないことです。もしかしたら、恋が終わることもしれませんが、自分が信じることをやめなければ、続くはずだった恋を無駄に終わらせることは避けられます。

もし、彼の気持ちが変わってしまったときは仕方がないけれど、自分からは別れない、ずっと彼を信じる、と決めてしまえば楽になります。たとえ、別れることになっても、自分からあきらめてしまった別れよりはずっと納得がいくはずです。

【遠距離 寂しい 遠距離恋愛】LINEなどでマメに連絡を取る

遠距離恋愛でもマメに連絡を取り合うことでお互いの状況を把握することができるので、心配事も少なくなり安心することができます。そこで、マメに連絡を取る手段としてLINE(ライン)をオススメします。

LINEであれば電話と違って時間を気にすることもありませんし、メールと違って「既読」されたのか分かるので安心できます。

それに、寂しくなった時や不安を感じたときにも気軽に送ることができます。スタンプを使えば重い感じにならずに済むので、彼に負担をかけることなく気持ちを伝えることができます。

マイナスの感情をためておくのは良くないことだと分かっていても、そのままストレートに伝えるのも、彼の負担になってしまうので控えたいですよね。LINEなら軽い感じで送ることができるので最適ですよね。

【遠距離 寂しい 遠距離恋愛】顔が見えるビデオ通話をする

LINEだけでなく、ときには顔が見えるビデオ通話をするのがおすすめです。

「たまには顔が見たいな」という願いが、ビデオ通話では簡単に叶えることができます。顔の表情から、疲れ具合もわかるので、相手の状況も想像しやすくなります。髪型や服装なども見せあって、ほめあうこともできます。

買い物で買ったものを見せることもできるし、食べているものを見せて一緒に食べる気分も味わえます。LINEだけだと、もう送ることがないという場合も、ビデオ通話では、「何にも話すことないね」と言い合えば、楽しい時間になります。

ビデオ通話にも飽きてしまったときには、顔の動画にエフェクトをかける機能をつかうと、一緒に笑える時間になります。

【遠距離 寂しい 遠距離恋愛】言葉で愛情表現をする

会えていれば、おたがいを好きだという気持ちは伝わりやすいものです。でも、手をつなぐこともままならない遠距離カップルの場合は、会えなくて伝わりにくい部分を言葉にして、表現しなければいけません。

言葉での愛情表現が苦手な人には大変ですが、相手を失わないために必要なことだと思って乗り越えていきましょう。

口に出すのが苦手な人は、LINEや手紙を送りましょう。手紙は、手書きの文字でより気持ちが伝わりやすく、読み返すことで、不安な気持ちが和らぎます。LINEでは、照れずに使えるスタンプもたくさんあります。

ただ、あまりにもポップな絵柄のスタンプだと本気度が伝わりにくいので、このスタンプを使ってもふざけているわけではなくて自分は本気だと伝えておくと安心です。

【遠距離 寂しい】彼氏の気持ちはどうなの?

遠距離 寂しい

【遠距離 寂しい 彼氏】「あわよくば!」という浮気心がある

遠距離恋愛の場合、男女ともに気持ちが離れやすくなってしまうことはありますが、どちらかといえば男性の方がより気持ちが冷めやすくなる傾向にあります。これは男性の方が、離れた距離で精神的に相手を想うよりも、彼女に直接会ってともに時間を過ごしたいという願望が強いためです。

女性には母性本能も備わっていて、相手を心配したり無事を祈ることができますが、男性はそれよりも自分が相手に会いたい、という気持ちが大きいのです。遠距離恋愛のため、彼女に会えない場合には、彼女でなくてもいいから、女性と会いたい、デートしたいという気持ちになってしまう男性もたくさんいます。

どんなに誠実に見える男性でも、他の女性と過ごしたいという思いに駆られることはあり得ることです。

関連ページ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面は?

【遠距離 寂しい 彼氏】彼女を信頼しているから大丈夫!

遠距離恋愛中の男性は、自分は浮気心と戦っていながら、彼女は絶対に浮気なんてしないと信じています。男性はなぜか「浮気は男がするもの」「女性は浮気をしない」と信じていることが多いのです。

彼女に限って浮気なんてするわけないと思うからこそ、彼女への連絡がおざなりになり、彼女の方の気持ちが離れ、浮気をしてしまうことも起こり得ます。そんなときには、予想だにしていないことに気持ちが動転して、怒り出したり、一瞬で冷めてしまうこともあります。

男性の浮気は一度ぐらいなら大目に見てもらえることもありますが、女性の浮気は男性の方に受け入れる余地がないことが多く、たった一度でも恋愛の終わりにつながることが多いようです。

【遠距離 寂しい 彼氏】浮気されないか心配

男性は女性の浮気を心配しない人が多いようです。しかし、心配性の性質の彼や、過去に彼女に浮気をされた経験のある人は、ものすごく浮気をされることを心配する場合があります。

この場合には、心配でたまらない彼の気持ちに寄り添って、できるだけ彼が心配にならないように、連絡を積極的に取ったり、言葉で彼が好きだという気持ちを伝えましょう。

彼の方は、自分が彼女の浮気を心配しすぎているという自覚がなかったり、自覚していても指摘してほしくはないことが多いため、「心配しすぎ」ということを言っても、よい結果は生まれません。

心配しないでほしいと伝えるよりは、彼が心配しなくてすむように、楽しく連絡を取り合うほうが有意義です。

【遠距離 寂しい 彼氏】「会いたい、会いたい」と言われとめんどくさい

遠距離恋愛にありがちなのは、彼女の方がとにかく会いたがってしまうことです。会いたいと言われても、彼も事情があり、遠く離れた場所にすぐに会いに行くわけには行きません。

あまりにも「会いたい」と言っていると、彼の方も次第に「会えるわけないのに何を言っているんだろう」「話が通じない相手」とどんどん気持ちが冷めてきてしまいます。

彼女は、会いたいという気持ちは彼が好きだからこそ出てくるものだから、伝えてもいいと思っていますが、彼にとってはできないことを言われてもつらいだけです。よかれと思って「会いたい」と繰り返すことが、彼の気持ちを冷めさせる原因になることがありますので、あまり何回も言うことは避けましょう。

【遠距離 寂しい 彼氏】このまま別れても仕方ないと思っている

そもそも、遠距離恋愛になる理由としては、仕事や学校の都合で、その土地を離れるわけにいかないことが挙げられます。つまり、彼も彼女も、その土地を離れられないやるべきことがあるのです。

彼も、日々仕事や学業に追われているため、離れて暮らす彼女のことはどうしても遠い存在になっていきます。男性によっては「このまま別れても仕方ない」と考えます。彼女としては、相手の気持ちが変わっているように思えて、たまらなくなるかもしれません。

それでも、彼の日常が充実していることを誇らしく思えるような女性になってみてください。女性にもその土地を離れられないやるべきことがあるはずなので、それに打ち込んでみるのもいいと思います。

関連ページ:【ペアーズの口コミ】マッチングアプリのpairsの出会いの評判

 

関連ページ:【イククルの評判】マッチングアプリとweb版の口コミと評価

【遠距離 寂しい】寂しくないと感じる時はあるの?

遠距離 寂しい

【遠距離 寂しい 寂しくない】次のデートプランを考えてる時

デートといっても、家で過ごしたり、街をブラブラしたり、こだわりのないデートをしていカップルも多いでしょう。でも、遠距離恋愛だからこそ、数少ない会える日には、綿密なプランを立ててみると寂しい気持が紛れてくるので、寂しくなくなります。

たまにしか会えないから、会えるだけで特別、別に計画とかいらない、というのも確かに本当です。でも、会えない時間が、不安な時間になっていませんか?その不安を埋めるために、あえて凝ったデートプランを考えることで、忙しくなり、余計なことを考えなくて済むのです。

これも一緒に考えてくれる場合には、普段のやりとりも、ただの「会いたい」という内容から、計画を練る時間が寂しさを忘れさせてくれるので、寂しくなくなります。

【遠距離 寂しい 寂しくない】仲の良い友達と出かけた時

会えない彼とのデートプランを考えていると、行きたい場所がたくさん出来てしまうこともあります。そんなときには、絶対に彼と行きたい場所だけはとっておいて、仲の良い友達と出かけましょう。場所が変わると、気分転換になり、遠距離恋愛のことを忘れられるので寂しくなくなります。

彼に友達と楽しく出かけたことを話せば、自分がいなくても充実した毎日が送れる女性だと思ってもらえます。彼が、どこにも連れて行けなくて申し訳ないと想うタイプだったら、友達と出かけてくれる方がほっとするかもしれません。自分も楽しく、彼も気が楽になるので、遠慮せず、いろいろな所に出かけてみましょう。もし、彼とも行きたいと感じたら、いずれまた彼とも行けばいいのです。

【遠距離 寂しい 寂しくない】飲み会に参加する時

恋人がいるときに飲み会に参加していいかどうかはとらえ方が分かれるところです。どちらかといえば、飲み会はダメと決めているカップルの方が多いようですが、結婚までは自由といった取り決めをしているカップルもいます。

遠距離恋愛の場合、彼氏と過ごす時間がない分、飲み会には参加しようと思えば参加できます。遠距離の彼氏がいることを知っていても、数合わせのために飲み会に誘われることもあるかもしれません。そんな場合は理想を言えば、事前に彼の許可をとって、公明正大に飲み会に参加してみるのが一番です。

もし彼が絶対に許してくれない考え方のときには、絶対に隠し通せると思える場合には、参加してみるのもアリではないでしょうか?

【遠距離 寂しい 寂しくない】仕事以外で夢中になれるものを見つけた時

すぐ会える彼氏がいると、仕事と恋愛だけで日常生活は手一杯になります。他のことをする時間もあまりないはずです。でも、遠距離恋愛の場合、仕事とも恋愛をしているはずなのに、時間が余ってきます。

これは、彼に会うための時間が必要なくなるためです。この時間は放っておくと、遠距離恋愛を嘆いたり、彼に必要以上に連絡を入れてしまう時間になってしまいます。これまではなかった自分の時間が発生したことを前向きにとらえて、どんなことでも夢中になれるものを見つけてみましょう。

読書、料理、オタク活動、どんなことでも、無駄はありません。彼と将来をともにする場合も、そうならなかった場合も、夢中になるものは、人生の助けになります。

【遠距離 寂しい 寂しくない】とにかく会いに行く!

遠距離でも、時間があれば会いにいくことはできます!彼は仕事が忙しくても自分は休みが取れた。そんなときには、思いきって会いにいくのもいい方法です!彼の暮らす部屋は狭いかもしれませんが、少しでも一緒に過ごすことで、不安が払拭されてパワーが充電できるはずです。

これまで、同棲はしたことがないカップルなら、わずかな期間でも侵食をともにすることで、一緒に暮らすビジョンが浮かんで、将来につながっていきます。ただし、相手が本当に疲れ果てていて今はどうしても来ないでほしいという場合には、相手の気持ちを尊重しましょう。

会いに行っている期間も相手が忙しければ何かしてもらおうと思わず、逆に何かをしてあげるようにしましょう。

【遠距離 寂しい】まとめ

自由に会うことができない遠距離恋愛において、寂しいと感じるのは当然のことです。必ず襲ってくる寂しいという感情をどのように乗り越えるかが、遠距離恋愛を乗り越える鍵になります。彼と一緒に寂しくならないルールづくりができれば一番ですが、彼の方がそんなに協力的ではない場合にも、1人でできる対策がたくさんあります。

遠距離恋愛は見方を変えれば、一人の時間が増えることです。一人の時間には自分の魅力をアップさせることができるのです。彼のことばかり考えず行動することが、逆に彼を惹きつけることにつながっていきます。いつでも彼を想いながらも、自分を大切にして、彼が放っておけないような魅力あふれた女性になりましょう。

タイトルとURLをコピーしました