遠距離の会う頻度と成功させるコツ!遠距離恋愛から結婚するのは無理なの?

遠距離 会う頻度 恋愛

【遠距離 会う頻度】遠距離恋愛が失敗する理由と注意点

遠距離 会う頻度

【遠距離 会う頻度 恋愛】失敗する理由1:「好き」という気持ちが薄まる

「遠距離恋愛」という言葉を聞くと、なんとなく「うまくいかない」「別れてしまう」というイメージがある人は多いのではないでしょうか? 自分が実際に遠距離恋愛をして別れてしまったり、知り合いが遠距離になりうまくいかなかった話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

遠距離恋愛が失敗してしまう理由として「『好き』という気持ちが薄まる」ことが挙げられます。人間の心理には、会えば会うほど好きになる“単純接触効果”と呼ばれるものがあります。人の心は毎日通勤電車で見かけるだけで、なんとなくその人に好意を持ってしまうようにできているのです。

遠距離恋愛はその反対で、ほとんど会えない恋人を好きだという気持ちをなんとか自力で保たなければいけません。時には、毎日顔を合わせる人が気になってしまったり、どんなにがんばっても遠距離の恋人を「好き」という気持ちは薄れてしまいがちになるでしょう。

【遠距離 会う頻度 恋愛】失敗する理由2:浮気心が芽生えてくる

遠距離恋愛が失敗してしまう理由に「浮気心が芽生えてくる」というものがあります。前述したとおり、人は心理学的に「会えば会うほど好きになる」という傾向があります。そのため、ごく普通に生活していても、よく会う人に心を奪われやすくなってしまうのです。

遠距離の場合「浮気をしよう」という気持ちなどなくても、自然に任せているとたくさん会っている人を好きになってくるのが人間です。遠距離恋愛というシチュエーションでは、もともと浮気にそんなに抵抗がない人なら、なおさら浮気に向かいやすくなってしまうと言えます。

自分がそばにいれば、浮気をしそうな雰囲気に気がついて、クギを刺すこともできますが、遠距離恋愛ではどうすることもできません。遠距離恋愛では、浮気などしないつもりの人でも他の人が気になってしまいやすいので、まさかと思っていた自分の方が浮気をしてしまうこともあるかもしれません。

【遠距離 会う頻度 恋愛】失敗する理由3:会う計画を立てていない・会う頻度が少ない

遠距離恋愛が失敗する理由として「会う計画を立てていない・会う頻度が少ない」ということがあります。遠距離恋愛でなければ、計画など立てなくても、都合さえ合えばすぐに会うことができます。

しかし、遠距離恋愛の場合にはそうはいきません。会うとなれば、場所はどこで会うのか、どの日程で会うのか、休みの確保、往復の交通チケットの予約など、前もって決めたり準備しなければいけないことがたくさんあります。

そのため、相思相愛だった遠距離恋愛カップルも、会う頻度が次第に少なくなり、気持ちが離れ、うまくいかなくなってしまうのです。遠距離恋愛を成就させるには、会う計画をしっかり立てて、会う頻度を落とさないようにすることが大切です。

【遠距離 会う頻度 恋愛】失敗する理由4:相手を信用しない・猜疑心が芽生える

遠距離恋愛が失敗する理由には「相手を信用しない・猜疑心が芽生える」があります。もともと信頼しあった恋人同士のはずなのに、遠距離のせいで、だんだんと相手への猜疑心が芽生えてきてしまうのです。

相手が忙しく数日連絡を取れなくなっただけで「浮気をしているんじゃないか」と疑ってしまったり、会社の人の話をしているだけなのに「その人のことが好きなのでは」と思ったりしてまうのです。

しっかりと相手を信用していれば、生まれるはずのない疑う心が、遠距離で会えないことから生じやすくなるのです。遠距離のせいで相手への気持ちが薄まり、一人で過ごす時間には相手を疑う妄想が大きく育ってしまいます。

自分が疑われていることを知った相手も「そんなに信用してもらえないなんて」とガッカリして、気持ちが離れてしまいやすくなります。

【遠距離 会う頻度 恋愛】失敗する理由5:決めたルールに縛られる

遠距離恋愛が失敗する理由として「決めたルールに縛られる」というものもあります。せっかく遠距離恋愛をうまくいかせるためのルールが、失敗の原因になってしまうとは皮肉なことです。

例を挙げると「LINEには必ず返信をする」というルールのために夜中までLINEをしてしまって睡眠不足になったり、金銭的に苦しいのに会う日を決めていたために嫌でもお金を出さなければいけなくなったりします。

お互いに納得しうまくいくために決めたルールなのに、そのルールのせいで、相手を疎ましく思うようになってしまうのでは、本末転倒になってしまいます。できれば、決めたルールがあっても、臨機応変にルールを変え、柔軟に対応しておくことが大切です。

【遠距離 会う頻度 恋愛】注意点1:「浮気していない?」と信用していない言葉を言わない

遠距離恋愛で不安が大きくなり、相手を疑う気持ちが育っていると「浮気していない?」と聞きたくなります。でも、「浮気心していない?」は禁句です。言われた方は「信用していないの?」ととても残念な気持ちになります。

仮に本当に浮気をしていたとしても、その場合には、浮気をしている事実がなくなるわけではありません。つまり、わざわざ聞く必要はないのです。「浮気をしていない?」と聞くことは、浮気をせずにあなたを想ってくれている人をガッカリさせ、関係を悪化させることにつながります。

この言葉を言うことには、浮気を防止できる効果があるわけでもなく、相手とうまくいかなくなる怖れさえあるのです。聞きたくなってしまう気持ちはわかりますが、遠距離恋愛をうまく生かせるためには、言わない方が賢明です。

【遠距離 会う頻度 恋愛】注意点2:他の異性の話をしない

遠距離恋愛でなければ、自然と共通の知り合いができたり、お互いの友人を紹介しあったりすることができます。そのような環境では、異性の話をしても、さほど問題にはなりません。

しかし、遠距離恋愛の場合は、お互いに不安の中にいるような状態になるので、他の異性の話はしないに越したことはありません。

遠距離恋愛中に他の異性の話しをしてしまうのは、相手を信頼していてやましいことがない表れとも言えるのですが、聞いた方はそうは思いません。

まったく疑われるようなことをしていないとしても、相手が好きなら、わざわざ心配させるようなことを言うことは避けなければいけません。男女問わず友達が多い人や、職場の人との交流が盛んな人などは、ついうっかりと異性の名前を出してしまいやすいので、くれぐれも注意してくださいね。

【遠距離 会う頻度 恋愛】注意点3:会う頻度を減らさない

たとえ遠距離でも「会う頻度を減らさない」こともは、遠距離恋愛の注意点の一つです。遠距離恋愛の2人が会うには、時間的にも経済的にも、負担が大きいものです。そのせいで、多くの遠距離恋愛カップルは、だんだんと会う頻度を減らしてしまいます。いつか2人で暮らすために節約をしたいと考えるカップルもいるかもしれません。

しかし、会う頻度を減らしてしまうと、どうしても相手を想う気持ちは薄まってしまい、猜疑心なども生まれやすくなるのです。

いつまでも新鮮な気持ちを失わないためには、どんなに大変でも、会う頻度を減らさないことです。もちろん、どうしても都合が合わずに決めた通りに会えないことも出てくると思います。その場合には、多少延期しても別の日に会ったり、次の約束は絶対に都合をつけて会うようにしましょう。

【遠距離 会う頻度 恋愛】注意点4:「寂しい」を言い過ぎない

遠距離恋愛は「寂しいものです。でも、遠距離恋愛をうまくいかせるためには「『寂しい』を言い過ぎない」ことが大切です。どうして「寂しい」と言ってはいけないの?と思うかもしれませんが、「言い過ぎる」ことが問題になります。

遠距離ではない会えるカップルなら「寂しい」と言っても、顔を合わせているので“かわいい”と思ってもらえます。でも、遠距離恋愛の場合は顔が見えません。顔が見えないことにより、聞く方は理屈で考えて「無理なことを言っている」「子どもっぽい」「自立していない」などと思ってしまうのです。

素直に「寂しい」と言っているだけなのに、相手から嫌われてしまったら、とても悲しいですよね。寂しい気持ちはわかりますが、聞いても困ってしまう相手のことも考えて、言う回数は最小限にするようにしましょう。

【遠距離 会う頻度 恋愛】注意点5:交互に会いに行くようにする

遠距離恋愛の注意点として「交互に会いに行くようにする」も忘れてはいけないポイントです。遠距離恋愛でなければ、実家暮らしと一人暮らしのカップルなら、一人暮らしをしている方の家に入り浸りになったりすることもあり、特に問題にはなりません。

でも、遠距離恋愛の場合、会いにいく方は、交通費を負担し、仕事の休みを取ったり休日をそれに当てなければいけない負担が生じます。待っている方は、普段通りの暮らしができますし、交通費もかからず、ずいぶん楽です。

「自分が会いにいく」と自ら決めた人で、なん度も続くと「自分ばかりが大変だ」と思ってしまいます。一方でが会いにいくと、後から不満が出やすいのです。
初めから「交互に会いに行く」と決めて実行すると、どちらか一方が不満に思うことを避けられます。

【遠距離 会う頻度】成功させるポイント

遠距離 会う頻度

【遠距離 会う頻度 成功】コミュニケーションが一番大切

遠距離恋愛では「コミュニケーションが一番大切」です。会うことはできなくても、コミュニケーションは工夫次第でいくらでも増やすことができます。例えば、朝起きたら「おはよう」のLINEをするといった自分たちに負担にならないルールを決めると、いつも相手の存在を感じられるでしょう。

LINEが苦手な場合は、2人とも休みの前の日の夜などに音声通話やテレビ電話をするのもおすすめです。LINEも電話をそんなに好きではない人は、ときには手紙を書いてもいいでしょう。手紙はなかなか書けない人もいるので、その返事はLINEや電話でもかまいません。

コミュニケーションを絶やしてしまうことなく、試行錯誤しながら自分たちに合った方法を探してみてください。

【遠距離 会う頻度 成功】遠距離をポジティブに考える

世の中には「遠距離=悲恋」というイメージが蔓延していますが、考え方を変えれば、メリットもたくさんあります。

遠距離恋愛は、なかなか会えないので、いつまでも相手に対して新鮮な気持ちを保つことができます。多くのカップルが別れてしまう理由には、刺激を感じなくなってしまうマンネリがありますが、遠距離カップルにはそれがないのです。

遠距離恋愛では、時間が経っても、相手への気持ちを失わないでいられます。他にも、自分の時間を自由に使えるというメリットもあります。さらに、離れてしまうことにより、相手への愛情を再確認することもできます。

やむを得ない事情で、遠距離恋愛をすることになったら、悲しむよりもポジティブに考えた方が絶対良いはずです。

【ワクワクメールの口コミ】マッチングアプリは出会い系と出会いサイトはワクメ

【遠距離 会う頻度 成功】意識して会うようにする

遠距離恋愛を成功させるには「意識して会うようにする」ことが有効です。二人の間に、どのぐらいの頻度で会うかルールがある場合も、それより増える分には問題ありません。

どうしても会いたい、会ったばかりだけれどまた日程がとれそう、というときは、躊躇せず会うようにしましょう。

遠距離恋愛の場合、どんなに多く会っても、仕事の休みのたびに、ということになるはずなので、会い過ぎになってしまうことはまずありません。会いたい気持ちがあるなら、多少無理をしても会うことが、遠距離恋愛をうまくいかせてくれます。

基本的には、どちらかの住む地域に会いに行くことになるかと思いますが、時には中間地点や、まったく別の観光地などで会うのも良い方法です。

【遠距離 会う頻度 成功】デート費用や交通費は折半する

遠距離恋愛の注意点として「交互に会いにいく」というものがありますが、なかなかきっちり交互にすることは難しいはずです。その場合、交通費は、毎回の折半にするのがおすすめです。収入に差がある場合でも、一方でがまったく払わないということは避け、お互いが納得する割合で出し合うのがベストです。

デートにかかる費用も、折半するのが理想的です。人によっては、交際にかかるお金は全て男性が払うものと考えることもあるかもしれません。どうしても払いたいという場合には別として、原則としてお金は折半した方が良いでしょう。

これは万が一、遠距離恋愛がうまくいかずに別れてしまうことになった時にトラブルを避けるためでもあります。遠距離ではない交際でも、お金を負担した方が別れるときに返してほしいと言ってくる事例は存在します。遠距離恋愛ではかかる費用も多くなるので、後から返してほしいと言われたり、別れたくないと言われるトラブルも起こりやすくなるのです。

【遠距離 会う頻度 成功】相手を信じる!疑心暗鬼は禁物!

遠距離恋愛を成功させるには、相手を信じることです。頻繁には会えないため、相手が仕事帰りに寄り道をしているか、休みの日にも一日何をしているか、など生活のすべてを知ることはできません。そのような状況では、よほど気をつけていないと相手を疑う気持ちが芽生えてしまいます。

遠距離恋愛では、疑う気持ちが出てしまうのは当たり前なのですが、それを相手に言っても何もメリットがありません。メリットどころか疑われた相手は「信じてくれないんだ」とガッカリして、気持ちが冷めたり離れたりする原因になってしまうのです。

疑心暗鬼になってしまった時には、相手に直接のぶつけることは避けて、友人に言うなど工夫をすると良いでしょう。

【遠距離 会う頻度】結婚まで長続きさせるポイント

遠距離 会う頻度

【遠距離 会う頻度 結婚】結婚する時期を決めておく

結婚することがすべてではありませんが、結婚願望がある人にとって、交際相手と結婚できるかはきわめて重要なポイントです。

いずれ結婚することを夢見て遠距離恋愛をしていて、結婚したいなと思っていた年齢も過ぎ、結局は別れてしまうことは、できるだけ避けたいはずです。

付き合って間もない頃は「結婚」の話題を出すこと自体が重い感じがしたり、相手から嫌われてしまいそうな気がして、言い出せない人もいるかもしれません。

それでも、結婚願望があるなら、自分自身のために、結婚のことをしっかり話し合っておくべきです。お互いが納得した結婚する時期を決めておくことができれば、遠距離恋愛の不安に押しつぶされることなく、「結婚を約束した二人」として、強い気持ちで交際を続けていけるでしょう。

【遠距離 会う頻度 結婚】両親を紹介しておく

遠距離恋愛はどうしても気持ちが離れやすく、別れてしまうというイメージがつきものです。遠距離恋愛でも、お互いに相手と結婚したい、と思っている場合には「両親を紹介しておく」ことが結婚まで長続きさせるポイントです。

結婚はまだまだ先になるとしても、両親に紹介することで、お互いに「この人と結婚するんだ」「簡単には別れられない」と言う気持ちが生まれます。

それだけでなく、両親が相手の存在を知っているということは、浮気をしてしまうことへの強いし抑止力になります。もし、自分語り浮気をして別れることになったら、両親には説明しにくいことこの上ありません。

お互いに、浮気などしたくない、この人と結婚したい、と考えている場合には、一時的な気の迷いで、大切な相手を逃さないためにも、両親紹介しておくことがポイントです。

【遠距離 会う頻度 結婚】連絡の頻度や会う頻度などを決めておく

遠距離恋愛を結婚まで長続きさせるポイントとして「連絡の頻度や会う頻度などを決めておく」ことがあります。

遠距離恋愛が始まってから、連絡の頻度や会う頻度で話し合いをするのは、なかなか難しいからです。遠距離でないカップルの場合、付き合いながら頻度を決めていけばいいのですが、遠距離の場合は会って相談することができません。

顔を合わせることがない話し合いでは、意見が割れてしまうと疎遠になりやすくなりますし、貴重なコミュニケーションの時間を話し合いに使うのはもったいないことです。

そのため、できれば、遠距離恋愛をスタートさせるときに、連絡の頻度や会う頻度を決めておくことが大切なのです。もちろん、一度決めたらそのままではなく、状況に応じて変えていくようにしましょう。

【遠距離 会う頻度 結婚】会っているときは、いつも笑顔でいる

遠距離恋愛の場合には「会っているときは、いつも笑顔である」ことが、最高のポイントです。もちろん、遠距離ではない恋愛でも笑顔は大切ですが、あまりたくさん会えない遠距離恋愛においては、特に笑顔でいることが重要です。

遠距離恋愛では、会っていないときには、相手の顔を思い浮かべることになります。その思い浮かべる顔が「笑顔」の方が、また会いたいと思えるのです。心理学的にも、笑顔は人の心を魅了すると言われています。さらに、笑顔は伝播するとも言われ、自分が笑顔でいれば、相手も自然と笑顔になります。

会っているときに、笑顔でいると、リラックスできて「この人と一緒にいると楽しい」「幸せ」という気持ちがあふれてきます。遠距離恋愛では、自分のためにも相手のためにも、笑顔でいるように心がけましょう。

【遠距離 会う頻度 結婚】会える時は手料理を作ってあげる

デートといえば、外で待ち合わせて、お見せで食事をするのが一般的かもしれません。でも、遠距離恋愛の場合には「会える時には手料理を作ってあげる」ことが、成功のポイントです。

せっかく滅多にない会えるチャンスに料理をするのは大変だと思ってしまうかもしれません。でも、遠距離ではないカップルでも、たまに手料理をふるまうものです。

回数だけを比べれば、遠距離恋愛の場合は会う時に毎回手料理を用意しても、遠距離ではないカップルと同じぐらいになるでしょう。もちろん女性だけでなく、男性が手料理を用意するのもとても喜ばれます。

料理が得意な人は、得意料理で相手の胃袋をつかむこともできるでしょうし、あまり得意度はない人もそれでも料理を作ってくれたことに相手は感動してくれるでしょう。ネットでも、失敗せず美味しく作れるレシピがたくさんあるので、楽しんで作ってみてはいかがでしょうか。、

【遠距離 会う頻度】無理しないデートの頻度

遠距離 会う頻度

【遠距離 会う頻度 無理】交通費が負担にならないなら:2週間に1回

遠距離といえば、気になるのは「交通費」です。遠距離恋愛で無理しないデートの頻度は、交通費が負担にならないなら【2週間に1回】が目安です。

収入や金銭感覚は、人それぞれで異なりますので、交通費負担にならない場合には、2週間に1回会えたら最高です。遠距離ではない恋愛でも、忙しいと2週間以上会えないこともあります。2週間に1度のペースで会うことができれば、遠距離恋愛特有の会えないデメリットを感じることなく、関係を深めていけるでしょう。

ただし、会いにいくための時間やお金は確実にかかります。回数が増すと、体力的にも経済的にも負担に感じてくることも考えられます。その場合は、1回休んだり、頻度を少し落としてみても良いでしょう。

【遠距離 会う頻度 無理】1か月に1回なら負担を感じずに会える

遠距離のデートの頻度としてもっともスタンダードなものは【1ヶ月に1回】です。2015年に遠距離恋愛の経験者を対象に行われたアンケートで、デートの頻度が【1ヶ月に1回】だった人は全体の38%で、第一位でした。

例えば、旅行が大好きな人が月に1回の頻度で国内外旅行をしたとしても、多過ぎるとは思わないはずです。経済的にも負担になり過ぎずにやっていけるちょうど良い頻度が【1ヶ月に1回】と言えるのではないでしょうか?

しかし、【1ヶ月に1回】は、遠距離恋愛をしてはスタンダードですが、遠距離ではない恋愛では付き合っているのか疑問に感じるような少ない回数になります。会えない期間は、LINEや電話などで、しっかりコミュニケーションをとるようにすることも大切です。

【遠距離 会う頻度 無理】距離が遠いなら2~3ヶ月に1回

距離が遠い場合は【2?3ヶ月に1回】が無理のないデートの頻度です。距離が遠いということは、時間だけでなく交通費もかさむため、どんなに会いたくても、【2?3ヶ月に1回】が妥当なペースと言えるのではないでしょうか?

例えば、北海道と沖縄で遠距離恋愛をした場合には、飛行機の直行便で4時間40分かかり、飛行機の運賃は割引なしでは約7万円です。初めのうちは、時間やお金よりも会うことの方が大切と思うかもしれませんが、もっと長い目で見て、確実に会い続けることの方が大切です。

距離が遠い場合には、時間やお金の負担を感じなくてすむ【2?3ヶ月に1回】のペースがおすすめです。尚、飛行機の運賃は、会社によりますが。3週間以上前など早めの時期に予約すると半額以下になる早期購入割引があります。遠距離恋愛の場合は是非とも利用したい制度です。

【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面は?

【遠距離 会う頻度 無理】最低でも半年に1回は会うようにする

遠距離恋愛で、2人とも忙しく性格的にもそんなに会わなくても平気なタイプの場合、あっという間に何ヶ月も時間が経ってしまうことがあります。それでも【半年に1回】は最低でも会うようにしましょう。

【半年に1回】の頻度は前述の遠距離恋愛経験者へのアンケートでも全体の7%で下位の回答でした。それでも、お互いが納得していて、LINEや電話でうまくコミュニケーションが取れているのであれば、問題ありません。ただ【半年に1回】しか会えない場合には、少なくともリモートでは顔を合わせておいた方がよいでしょう。

それでもリモートで会うのと実際に会うのは違います。【半年1回】の場合、気持ちが離れたり心変わりをすることは覚悟しておいた方が良いかもしれません。

【遠距離 会う頻度 無理】1年に1回くらいしか会えないのは危険水域

遠距離恋愛であっても【1年に1回】くらいしか会えないのは「危険水域」といえるでしょう。特に、一方が会いたがっているのに、もう一方が理由をつけて会おうとしない場合は危険です。会いたがらない相手は心変わりをしてしまっている可能性も高いはずです。本当のことを聞くのは怖いかもしれませんが、「付き合う気があるのか」をあらためて聞いてみた方が良いかもしれません。

仕事の事情や海外在住など、特殊なケースでも【1年に1回】は心配な頻度です。この頻度になってしまったら、もし遠距離恋愛が続いたらラッキーというぐらいの気持ちでいた方がいいかもしれません。

やむを得ない事情で、お互いに【1年に1回】のペースに納得している場合は、心が離れないよう、コミュニケーションを途切れることなく取り続けるようにしてください。

【遠距離 会う頻度】社会人カップルの会う頻度はどのくらいがベスト?

遠距離 会う頻度

【遠距離 会う頻度 社会人】学生カップルより会える頻度は少ない

遠距離恋愛において、社会人カップルは学生カップルより会える頻度が少なくなってしまいます。お金がある社会人の方が負担なく会えそうですが、社会人になると自由になる時間が少なくなってしまうためです。

また、社会人は、仕事が休みの日は心も身体もしっかり休む必要があります。特に、日頃からストレスフルな仕事をしている人は、休日にどのように過ごすかが仕事を続けるために重要なポイントになるほどです。

もちろん遠距離恋愛の相手と会うことは、それだけで癒しにもなり、疲れを吹き飛ばす効果も期待できます。それでも、学生カップルよりは会う頻度は少なくなってしまうでしょう。一方が社会人、もう一方が学生の場合には、会う頻度をめぐってケンカが起こりやすくなります。社会人はたとえ休日があっても、毎回会うわけにはいかないことを理解することが大切です。

【PCMAXの体験談】マッチングアプリは出会える?出会いの体験

【遠距離 会う頻度 社会人】1ヶ月に1回を基本に、有給休暇が使えるときはサプライズ

忙しい社会人でも【1ヶ月に1回】は、無理なく会える頻度といえるでしょう。【1ヶ月に1回】を基本のペースにして、会えない期間はLINEや電話をうまく使って、コミュニケーションを取るようにしていきましょう。

【1ヶ月に一回】は遠距離恋愛としてはスタンダードな頻度ですが、遠距離でない場合を考えるととても少ない頻度です。恋人とたくさん会いたいと思うタイプの人には耐えがたいかもしれません。

その場合、有給休暇を利用して、サプライズ的に会う頻度を増やしてみても良いかもしれません。有給休暇を取れた方が、もう一方の仕度に行けば、会えなかった寂しさを埋めることができるはずです。2人とも有給休暇が取れれば、うまく活用することで、遠距離恋愛とは思えないほど、たくさん会えたり、期間限定の同棲もできるはずです。

【遠距離 会う頻度 社会人】距離が遠いなら2か月に1回。たまに有給休暇を取り入れる。

距離が遠い遠距離恋愛は、社会人カップルに有利といえます。なぜなら、交通費が出しやすいからです。距離が遠くても、社会人カップルの場合は【2ヶ月に1回】を基本ペースにすると良いでしょう。社会人とはいっても、普段は少ない方が良いので、早期割引を利用して交通費を押さえるのがおすすめです。

社会人ならではの有給休暇を利用して、たまにはペースをあげて、頻繁に会うと仲も深まるはずです。学生の場合には、あまり宿泊費もかけたくないと思いますが、社会人であれば、2人の中間地点の観光地で会い、旅行気分でリゾートホテルに泊まるデートもできるはずです。

社会人はお金が出せるようになる反面、急に仕事が入って、会う予定をキャンセルしなければならないこともあり得ます。いつキャンセルになるかわからないので、会える時には会うように心がけましょう。

【遠距離 会う頻度 社会人】海外転勤・長期出張なら半年~1年に1回がベスト

遠距離恋愛の中でも、海外は最も会うのが大変なケースです。海を越えた遠距離恋愛を選んだ時点で、なかなか会えないことは覚悟していたことと思います。それでも【半年?1年に1回】は会うことが大切です。ちょうど、お正月休み、夏休みなど、海外でも長期休暇があるので、お互いの休みをなんとか合わせて、会うようにしてみましょう。

社会情勢によってはどんなに会いたくても不可能なこともあるので、メールや電話での連絡はより重要になってくるでしょう。時差のある海外の場合、コミュニケーションには工夫が必要です。一方のお昼休みともう一方の就寝前の時間が合うのであれば、その時間に必ずしも連絡を取るようにします。遅れてしまうと、仕事中だったり睡眠中で連絡が取れなくなってしまうので、メールでフォローするようにして下さい。

【遠距離 会う頻度 社会人】金銭的にも日程的にもお互いに無理しないペースにする

遠距離恋愛は会うことさえできれば、遠距離ではない恋愛と変わりなく、不安に押しつぶされるような苦しみも味わわなくてすみます。人によっては、お金や時間を度外視して、会うことばかりに情熱を傾けてしまう人もいるかもしれません。

しかし、お金も時間もいたずらに浪費していいものではありません。遠距離恋愛を終えた先の2人の将来のためにも、お金や時間は大切につかうべきです。幸い今の時代は、無料のLINEやLINE電話があるので、上手に使って無理のないペースで会うようにしましょう。

会わない時間には、相手を想うこともできますし、自分の将来のために使うこともできます。
お互いに次に会うときには成長した姿を見せることを目標にすれば、会えない時間も自分を成長させるための貴重な時間となるはずです。

【遠距離 会う頻度】まとめ

遠距離恋愛のパターンごとに会う頻度の目安をご紹介しました。遠距離恋愛は決してマイナス面ばかりではありません。自分たちに合った会うペースやコミュニケーション方法を見つけることができれば、いつまでも刺激を失うことなく、新鮮な気持ちで付き合っていくことができるのです。会えないからこそ、お互いの大切さに気付き、絆が深まることもあります。

また、会えない時間は、自分の趣味や成長のための時間に充てることができます。遠距離恋愛をすることで、恋人に頼りすぎることなく、精神的に自立した人間として成長していけるきっかけになるかもしれません。

「遠距離恋愛=別れやすいもの」と不安に思うことなく、自分たちのペースをつかんで、ポジティブな遠距離恋愛をしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました